Bizコンパス

顧客接点

様々なチャネル・方法で実現する、顧客接点強化の最前線

顧客が無意識のうちに選ぶキャッチコピーの作り方

心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック第14回

顧客が無意識のうちに選ぶキャッチコピーの作り方

巷に溢れるWeb広告ですが、目に留まり購入に至ることはごくわずか。しかし3つの心理術を活用した文言を入れることで、客が即買いをしたくなります。その心理術とは。

リピーターを生む“神対応”の理想的な形とは

心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック第13回

リピーターを生む“神対応”の理想的な形とは

顧客感動を実現している企業には、顧客を熱心なリピーターにする魅力があります。顧客を感動させた神対応の逸話を例に、顧客と従業員が紡ぐ顧客感動を紹介します。

一流営業マンは、顧客に過剰な期待を抱かせない

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第8回

一流営業マンは、顧客に過剰な期待を抱かせない

クレーム対応にはとても多くの時間と労力が費やされ、精神もすり減ります。そこで、一流の営業マンが行っている、クレーム発生率を下げる工夫を紹介します。

一流の営業マンは、説得力ある話し方を知っている

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第7回

一流の営業マンは、説得力ある話し方を知っている

説得力がある営業マンと、無い営業マンは、どのような違いがあるのでしょうか。一流の営業マンは、説得力を高めるための「話し方」を身につけ、実践しています。

一流の営業マンは、顧客の要望を断る交渉力がある

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第6回

一流の営業マンは、顧客の要望を断る交渉力がある

「顧客の要望であれば、全て応じるべきだ」という考えのようでは、営業成績は上がりません。うまく断るコツを覚えて、交渉力をアップさせられるようにしましょう。

一流の営業マンは、顧客に対し感情を隠そうとしない

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第5回

一流の営業マンは、顧客に対し感情を隠そうとしない

私たちは仕事をするときに「感情の演技」をしますが、営業マンにとってはそれが逆効果に働くことがあります。売れる営業マンは感情を隠さないことで、信用を得ています。

一流の営業マンは、見込み客を2パターンに分類する

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第4回

一流の営業マンは、見込み客を2パターンに分類する

一流の営業マンは、「ぐいぐい押すべき客」と、「そこまで押す必要はない」客の2種類に見分けて、対応を変えています。このアプローチの違いはどこにあるのでしょうか?

自社のSEOを成功させる心理テクニック

心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック第9回

自社のSEOを成功させる心理テクニック

もはやウェブサイト運営では欠かせないSEO(検索エンジン最適化)。このSEOに心理テクニックに則ったキーワードを織り込むことで、検索順位を上昇させることができるのです。

「勘定奉行」のOBCが推進する電話サポート改革

コール受付の実態を知りたいという長年の課題を解決

「勘定奉行」のOBCが推進する電話サポート改革

サポートセンターの運営においては、話し中のコール数などを把握することが不可欠。OBCではどのようにしてそれらを把握し、センターの体制整備につなげていったのでしょうか。

一流の営業マンは「腹の探り合い」をしない

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第3回

一流の営業マンは「腹の探り合い」をしない

客のニーズを知るには「腹の探り合い」と、勘違いしている営業マンが多くいます。ところが一流営業マンは「探り」ではなく、「合意」で客のニーズを引き出しているのです。

その発言はウソ?本当?言葉の裏を読むテクニック

弁護士に学ぶ、社内トラブルの対処法

その発言はウソ?本当?言葉の裏を読むテクニック

社内でセクハラ等の問題が生じたとき誰の発言を信用すればいいのでしょうか。見極めを誤るとビジネスリーダーの責任問題となります。ビジネスで参考にすべき弁護士の証拠分析術とは。

人間関係を悪化させず、議論に勝つための7つの手法

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第78回

人間関係を悪化させず、議論に勝つための7つの手法

議論でスマートに自分の意見を通したい、そんな人は必読です。どうすれば人間関係を保ちながら議論に勝つことができるか、7つの戦術を科学者が説明します。

相手の本音を聞き出す3つの心理テクニック

心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック第7回

相手の本音を聞き出す3つの心理テクニック

顧客や上司、部下の本音は、聞き出そうとしてもなかなか聞けないものです。そのようなとき、相手の本音を聞き出す心理テクニックについて紹介します。

一流の営業マンは顧客の要望を鵜呑みにしない

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第2回

一流の営業マンは顧客の要望を鵜呑みにしない

顧客の要望を鵜呑みにしては、一流の営業マンと言えません。要望の裏にある原因を聞き出し、解決策を提案するのが一流です。一流ならではのヒアリング術を紹介します。

「AIDMA」はもう古い!顧客の購買を促進する心理術

心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック第5回

「AIDMA」はもう古い!顧客の購買を促進する心理術

「AIDMA理論」を今も信じている人もいるようですが、約100年前の理論なので通用しない可能性が高いです。今回は現代に通じる、顧客の購買を促進する心理術を紹介します。