Bizコンパス

顧客接点

様々なチャネル・方法で実現する、顧客接点強化の最前線

音声認識を活用!コンタクトセンター運営の最新事情

AI活用でここまで進化している!

音声認識を活用!コンタクトセンター運営の最新事情

NTTコミュニケーションズの法人向けサービスの故障受付を担当する東京オペレーションセンターでは、音声認識技術を活用し、従来の課題を解決しています。

「コンタクトセンター3.0」時代に求められること

コンサルタントに聞く!次世代のコンタクトセンター

「コンタクトセンター3.0」時代に求められること

企業にとって重要な顧客接点であるコンタクトセンターは、今後どのように進化していくのでしょうか。デロイト トーマツ コンサルティングの住川誠史氏にお話を伺いました。

初対面で確実に「嫌われる」話題とは

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第89回

初対面で確実に「嫌われる」話題とは

転職先や取引先で、初対面の相手との会話がどうもうまくいかなかった、そんな経験のある人は多いでしょう。これを知っていれば、次回から怖くありません。必読です。

売上を着実に伸ばすための「サイト内検索」活用術

集客しても売上が伸びないECサイトの課題を解決

売上を着実に伸ばすための「サイト内検索」活用術

売上を伸ばすために、多くのECサイトが「集客」にしのぎを削っています。しかし、集客後の「サイト内検索」で、売上をさらに伸ばせることをご存じでしょうか。

一流の営業マンは、部下を上手に使う

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第13回

一流の営業マンは、部下を上手に使う

相手を説得するためには、1人で説得にあたるよりも2人、2人よりも3人と大勢で説得にあたるほうが効果的です。だからこそ、一流といわれる営業マンは、自分と部下を合わせたチームで顧客を攻略します。

コールセンターでは顧客を「説得」してはいけない

クレーマーの心をつかめ~言葉の裏の本音を読む~第1回

コールセンターでは顧客を「説得」してはいけない

炎上はなぜ起こるのか?それは、相手の苦情の矛先を把握せず、相手の感情を考えずに説得しているからである。コールセンターで勤務していた筆者が、その対処法を紹介する。

一流の営業マンは「断られたら終わり」で粘らない

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第12回

一流の営業マンは「断られたら終わり」で粘らない

「営業は断られてからが勝負だ」という考え方がありますが、筆者にとっては、それは残念ながら古くて間違った考え方です。

企業SNSはガチガチよりもユルい方がウケる

フォロワー獲得のためのSNS活用法

企業SNSはガチガチよりもユルい方がウケる

企業のSNSアカウントは、ガチガチよりも「ユルい」方がウケる傾向にあります。人気の企業アカウントに共通する運用ノウハウを紹介し、多くのフォロワーを獲得するヒントを探ります。

運営者は悩んでいる!?コンタクトセンターの現場

担当者が語る◯◯の現場第2回

運営者は悩んでいる!?コンタクトセンターの現場

AIをはじめ、新たな技術がコンタクトセンターに導入され始められている。コンタクトセンターは今後、どう変わっていくのか。3人の現場担当者に伺いました。

二流の営業マンは「クロージング」でやらかしがち

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第11回

二流の営業マンは「クロージング」でやらかしがち

期待していた優良な見込み客から一転して断られてしまう結末は悲しいものです。二流の営業マンは、自分でも気づかないうちに「致命的な失敗」を犯します。

コンタクトセンターにAI、25%が“準備を進めている”

ICT活用に関するアンケート調査第2回

コンタクトセンターにAI、25%が“準備を進めている”

AIの導入が期待されているコンタクトセンターですが、アンケート調査の結果、AI導入に関心がある企業と興味がない企業で「二極化」していることがわかりました。

「年上の部下」をうまくマネジメントする3つの方法

今日から使える!3つの改革で変える効率的仕事術第31回

「年上の部下」をうまくマネジメントする3つの方法

マネジメント層が「年上の部下」を持つケースは珍しいものではなくなりました。年上の部下に仕事を任せるときに、上司が取るべき態度、心がけるべきポイントを紹介します。

自分では気付けない、相手を「怒らせる」話し方とは

ついやってしまいがちなダメなトーク

自分では気付けない、相手を「怒らせる」話し方とは

同じ内容でも話しの運び方によって、相手を怒らせてしまう場合があります。無意識で使った言葉や言い回しなどが、相手の逆鱗に触れている場合があるのです。

AI活用でコールセンター変革に挑む損保ジャパン日本興亜

人工知能(AI)はビジネスにどう活用されるのか第9回

AI活用でコールセンター変革に挑む損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜のコールセンターにおいて、人工知能を業務に活用するためのトライアルがスタート。プロジェクトの狙いや今後の展開について、お話を伺いました。

一流営業マンは、飛び込み営業で敢えて“玉砕”する

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第10回

一流営業マンは、飛び込み営業で敢えて“玉砕”する

飛び込みは、営業マンにとって精神力を必要とする仕事です。門前払いに心が折れそうになります。しかし一流の営業マンは精神力ではなくシナリオ・セールスで打破しています。