Bizコンパス

1,200字で読む注目の本
2019.03.19

『NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ』

出版社:ダイヤモンド社、発行:2018/12、定価:1,800円(税別)

dlicon

著者/ジェレミー・ハイマンズ:ニューヨークに本拠を置き、世界中で21世紀型ムーブメントを展開する「パーパス」の共同創設者兼CEO。「ゲットアップ」共同創設者。194か国4800万人以上のメンバーを持つ世界最大規模のオンラインコミュニティ「アヴァース」共同創設者。
著者/ヘンリー・ティムズ:マンハッタンで144年の歴史を持ちながら、ファスト・カンパニー誌「もっともイノベーティブな企業」リストに入る「92ストリートY」の社長兼CEO。
訳者/神崎 朗子

目次

    1.ニューパワーの世界へようこそ 2.オールドパワーvsニューパワー 3.「ミーム」を投下せよ 4.「群衆」をつくれ 5.ニューパワー・コミュニティという武器 6.影響範囲を「拡大」する 7.がっちりつかんで離さない 8.オールドパワーから「ジャンプ」する 9.新しい「リーダー」になる 10.パワーを「ブレンド」する 11.「未来」の波に乗る

ダイジェスト

分権、参加、協働、共有が特徴の「ニューパワー」が台頭

 一部の特権的な人々が権力を振るい「支配」したり、ほぼ一方的に商品やサービスを提供するのではなく、消費者、一般市民を含む関係者がフラットに「参加」「協働」する動きが台頭している。ウーバー、エアビーアンドビー、フェイスブック、ユーチューブなど、今勢いのある企業やプラットフォームがそれにあたる。

 本書では、そうした分権、参加、協働、共有を特徴とする動きを「ニューパワー」と名づけ、旧来の集権、支配、競争、消費を主とする「オールドパワー」と対比しながら、豊富な事例を挙げ分析。ニューパワーの特徴と本質を理解しつつ、オールドパワーとの融合・組み合わせ、あるいはニューパワーをさらに洗練し、持続可能なコミュニティに育てることによって、時代を切り開く方法を探っている。

 著者らは、現存の組織や社会運動をニュータイプとオールドタイプの「価値観」と「ビジネスモデル」によって4タイプに分類している。

 

ビジネスモデルと価値観の2軸で分ける新旧パワーの4タイプ

 4タイプの分類は「ニューパワー・マトリクス」と名づけられる。縦軸が… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

SHARE