『0 to 100 会社を育てる戦略地図』

dlicon

出版社:ポプラ社 発行:2017/11 定価:1,400円(税別)

著者:山口 豪志
プロトスター株式会社代表取締役COO、株式会社54代表取締役社長、株式会社スタディストアドバイザー、株式会社情報工場執行役員営業開発担当、株式会社デフタ・キャピタルアクセラレーター兼横浜ジェネラルマネージャー。1984年生まれ、岡山県岡山市出身。茨城大学理学部卒。2006年からクックパッド株式会社に参加、広告事業・マーケティング事業の創成期に携わる。2012年にランサーズ株式会社に3人目の社員として参画。

目次

プロローグ 6つの成長段階(フェイズ)を知る
1.〈→0〉起業前夜
2.〈0→1〉顧客の発見
3.〈1→10〉商品の完成
4.〈10→30〉採用と組織づくり
5.〈30→50〉新規事業開発
6.〈50→100〉上場に向けて
エピローグ 〈100〉の先へと進むすべての人へ

ダイジェスト

豊富な経験から見出された起業の「原理原則」を詳細に解説

 起業、あるいは新規事業の立ち上げのアイデアを持っている人は少なくないのではないか。しかし、実際に会社を興したり、プロジェクトをスタートさせるに至るケースはそれほど多くない。さらにそれらを「成功」といえるまでにもっていけるケースは、ごくわずかと言っていいだろう。

 本書では、そうしたレアケース、すなわち事業のアイデアを思いついてから、それを芽生えさせ大きく育てるのに何が必要で、どういう行動をとればいいかの「原理原則」を提示している。それは、著者自身がこれまでにさまざまな立場で多様な事業の立ち上げに関わってきた経験から見出されたものだ。

 具体的には、〈→0(ゼロマエ)〉から〈100(ヒャク)〉までの会社や事業の成長を6のフェイズ(段階)に分けて解説。〈0(ゼロ)〉からではなく、「起業前夜」にあたる〈→0〉を起点に語られているのが特徴だ。それは、現実にはスタート地点にすら立てない人が多いからだという。

 

「起業前夜」から「上場」までを6フェイズに分割… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter