Bizコンパス

産経デジタル

産経デジタル

産経デジタル

産経新聞グループ各媒体のウェブサイト運営、ポータルサイト・モバイル端末などへのニュースコンテンツなどの配信を手がけています。ウェブでも国内最大級のニュースサイト「MSN産経ニュース」などを運営する産経新聞グループの記者が「Bizコンパス」のために書き下ろした、ここでしか読めない記事です。

記事一覧

逆襲に動く総合電機 海外でインフラ照準

復活!変わる電機業界第1回

逆襲に動く総合電機 海外でインフラ照準

総合電機メーカーの逆襲だ。インフラや産業分野に資源を集中し、苦戦のデジタル家電各社を横目に過去最高益をたたき出す。新興国を中心に海外で更なる事業拡大に挑む。

出店競争、M&A助言…証券業界競争激化再び

攻勢強める金融界第2回

出店競争、M&A助言…証券業界競争激化再び

証券各社の競争が激化してきた。個人向け「NISA」は“千載一遇の好機”と国内出店・拡充に走り出し、法人向けではM&A助言業務の案件獲得に血道をあげている。

大手銀行 過熱する住宅ローン競争

攻勢強める金融界第1回

大手銀行 過熱する住宅ローン競争

住宅ローンをめぐる大手行の顧客争奪戦が激化。歴史的低金利を背景に金利引き下げが相次ぐうえ、ホテルの優待価格特典付住宅ローンなど、サービス内容にも工夫を凝らす。

男性育休にパタハラの壁、風土変える工夫は

少子高齢化で変わる働き方第3回

男性育休にパタハラの壁、風土変える工夫は

14年度から「育児休業給付」制度が改正され、夫婦とも育休をとれば給付額が最大になる。男性の取得率向上が狙いだ。男性の育児参加を阻む職場文化を変える動きも出始めた。

職場復帰を目指す主婦たちの挑戦

少子高齢化で変わる働き方第2回

職場復帰を目指す主婦たちの挑戦

育児後再び働きたい女性への就職支援が動き出した。人材難に悩む中小企業にも魅力的な層だ。女性の再就職は経済活性化のカギと期待されるが、容易ではないのも事実だ。

広がるシニア派遣ビジネス、子育て世代ニーズをつかめ

少子高齢化で変わる働き方第1回

広がるシニア派遣ビジネス、子育て世代ニーズをつかめ

会社の定年退職者に働く場を提供するビジネスが、注目を集める。65歳以上対象の都内のシニア派遣事業には内外から視察が訪れ、静岡県や愛知県でも次々に立ち上がっている。

コミットメント経営が社風を変えた日産自動車

グローバルスタンダード経営の検証第2回

コミットメント経営が社風を変えた日産自動車

日産自動車はグローバルスタンダードを移植された企業だ。経営者が株主や従業員に「コミットメント」を宣言。達成の見返りにけた外れの高額報酬を堂々と受け取った。

経営改革の先駆者、ソニーの蹉跌

グローバルスタンダード経営の検証第1回

経営改革の先駆者、ソニーの蹉跌

日本企業の「グローバルスタンダード経営」への転換は、ソニーに始まる。1997年6月に導入された取締役改革と執行役員制は、鮮烈な印象を日本社会に与えた。

高校野球の監督の座 元プロとアマで奪い合い

スポーツ界の改革を想う第2回

高校野球の監督の座 元プロとアマで奪い合い

新制度により、元プロ野球選が高校野球の指導者になることが簡単になった。しかし大学から指導方法などを学んでいる人もおり、監督の座は激しい奪い合いになりそうだ。

強い学生力士が前相撲からデビューではもったいない

スポーツ界の改革を想う第1回

強い学生力士が前相撲からデビューではもったいない

大相撲春場所を沸かせた遠藤は、初土俵から1年で大関稀勢の里を破ってみせた。しかし、同じ学生横綱の正代は、前相撲からのスタートとなった。

上信名湯一筆書き

全国名湯を巡る旅第2回

上信名湯一筆書き

日本屈指の名湯が集中する「志賀草津道路」が、4月下旬に待望の冬季通行止め解除となる。これからの季節は週末の小旅行などでも気軽に「本物の温泉のはしご」が楽しめる。

大人になったソフトバンク 日米で異なる経営の行方

競争新次元 携帯電話の攻防第3回

大人になったソフトバンク 日米で異なる経営の行方

米3位スプリントを買収したソフトバンクの孫正義社長は、4位TモバイルUS買収に動いた。国内では挑戦者的姿勢は影を潜め、日米で正反対の企業経営を目指しているようだ。

スマホ料金高止まりで商機 SIMビジネス活況

競争新次元 携帯電話の攻防第2回

スマホ料金高止まりで商機 SIMビジネス活況

スマホ向けの割安な高速データ通信サービスが、価格競争激化で存在感を増している。4月から相次ぐ料金値下げで利用者急増も予想され、携帯大手の料金戦略に影響も。

田澤純一 不動のセットアッパーが名をあげる日

大リーグで戦う日本のサムライ第7回

田澤純一 不動のセットアッパーが名をあげる日

上原浩治の活躍に隠れ、ボストン・レッドソックスの田澤純一が活躍している。今シーズンも疲れを知らない投球で、シリーズ連覇に向け上々の滑り出しを見せている。

雪解け迎える東北の秘湯

全国名湯を巡る旅第1回

雪解け迎える東北の秘湯

東北地方の温泉は、冬に休業してしまう例が少なくないが、中には名湯として知られるものが多い。今回は山間の温泉を中心に、東北の魅力的な湯を紹介する。

川崎宗則 逆境を笑い飛ばして前に出る

大リーグで戦う日本のサムライ第6回

川崎宗則 逆境を笑い飛ばして前に出る

イチローを追ってメジャーに飛び込んだ川崎宗則。トロント・ブルージェイズでマイナー落ちしても沈まず、逆境こそがわが人生と、明るく前向きに野球人生を楽しんでいる。

松坂大輔、8年目のチャレンジ

大リーグで戦う日本のサムライ第5回

松坂大輔、8年目のチャレンジ

FAとなった松坂大輔投手は今年1月、NYメッツとマイナーで再契約した。2007年にボストン・レッドソックスに入団してから今季メジャー8年目。松坂の挑戦はなお続く。

中村俊輔 ニュータイプのキャプテン

サッカー界のプロフェッショナル第2回

中村俊輔 ニュータイプのキャプテン

サッカーJ1の横浜F・マリノスが、強さを取り戻しつつある。大きな転換点は、MF中村俊輔が古巣へ復帰した2010年。ニュータイプのキャプテンがチームを変えた。

嶋主将を支えるもの

東北楽天ゴールデンイーグルスの飛躍第2回

嶋主将を支えるもの

東日本大震災からの復興を野球によって引っ張ってきた東北楽天ゴールデンイーグルスの嶋基宏捕手。投手陣をリードし、リーグと日本シリーズの連覇を目指す。

正確さと生活リズム、40歳のイチローがめざすもの

大リーグで戦う日本のサムライ第4回

正確さと生活リズム、40歳のイチローがめざすもの

日米通算4,000本安打の偉業を成し遂げたイチローは、昨年秋40歳になった。米メジャーリーグの第一線で活躍し続ける。背景には、本人の死に物狂いの努力にほかならない。