Bizコンパス

熊澤 伸宏

熊澤 伸宏

熊澤 伸宏

コールセンターの教科書プロジェクト https://cc-kyokasho.jp/ 主宰/ひるぎワークス 代表

アメリカン・エキスプレスをはじめとして約30年にわたり計8社15のコールセンターの立ち上げ・再構築・運営に従事。グラクソ・スミスクラインでは国内屈指の高品質なコールセンターとして高い評価を集め、各種の表彰制度で数々の受賞を果たす。コールセンター運営に関する知識、経験、業績のいずれも他に抜きんでた業界の第一人者。著書に『コールセンター・マネジメントの教科書』https://cc-kyokasho.jp/2636031821.html (リックテレコム、2018年)

記事一覧

コールセンターの要員数算出に最も重要な「サービスレベル」とは?

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第5回

コールセンターの要員数算出に最も重要な「サービスレベル」とは?

予測した業務量(コール数や平均処理時間など)に見合った最適な要員数(エージェントの人数)を算出するのに最も重要な要素であるサービスレベルについて解説します。

世界の先進コールセンターが実践する業務量予測法とは

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第4回

世界の先進コールセンターが実践する業務量予測法とは

コールセンターの業務量(コール数や平均処理時間など)を予測するために、世界中のコールセンターで使われている2つの統計学的予測手法について解説します。

業務量は正確に予測できる! コールセンターの2つのデータを準備する

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第3回

業務量は正確に予測できる! コールセンターの2つのデータを準備する

コールセンターの業務量予測には、2つの基礎情報が必要になります。その2つとは、「ヒストリカルデータ」と「ビジネスドライバー」です。

コールセンターの業務量を予測する――まずは「コール数」の正しい理解から

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第2回

コールセンターの業務量を予測する――まずは「コール数」の正しい理解から

コールセンターのコール数を予測するためには、コール数そのものに対する正しい理解が不可欠です。しかし、中には管理者の立場でありながら理解不足な人も多いです。

コールセンター運営で最も重要な「ワークフォース・マネジメント」とは

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第1回

コールセンター運営で最も重要な「ワークフォース・マネジメント」とは

旧態依然としたコールセンターの運営法から脱却し、国内外の企業が実践する世界標準の運営技法を導入するにはどうすれば良いのか。業界の第一人者が解説します。