Bizコンパス

中島真志

中島真志

中島真志

1958年生まれ。81年一橋大学法学部卒業。同年日本銀行入行。調査統計局、金融研究所、国際局、金融機構局、国際決済銀行(BIS)などを経て、現在、麗澤大学経済学部教授。博士(経済学)。

 単著に『外為決済とCLS銀行』、『SWIFTのすべて』、『入門 企業金融論』、共著に『決済システムのすべて』、『証券決済システムのすべて』、『金融読本』など。決済分野を代表する有識者として、金融庁や全銀ネットの審議会等にも数多く参加している。
 最新刊の『アフター・ビットコイン』(新潮社)は、成毛眞氏(元日本マイクロソフト社長)が「今年最高のビジネス書、おススメ本だ」と激賞したこともあって、アマゾンや大手書店のランキングで上位に入り、発売後まもなく続々と増刷が決定するなど、好調な売れ行きとなっている。https://www.amazon.co.jp/dp/4103512814
(編集:株式会社ネクストアド)

記事一覧

ビットコインの「分裂」は発展か退化か

仮想通貨の理想と現実第3回

ビットコインの「分裂」は発展か退化か

価格の下落、取引所のハッキングなど、仮想通貨業界は今年に入って混迷している。今後さらに、ビットコインの「分裂」によって、さらに混迷すると見られる。

ビットコインの「発行上限」が巻き起こす問題とは

仮想通貨の理想と現実第2回

ビットコインの「発行上限」が巻き起こす問題とは

2017年はその価値の高騰ぶりに注目が集まったビットコインだが、昨年12月に突如暴落するなど、不安定な動きを見せている。はたして通貨として信頼に足るものなのだろうか?

ビットコインは「世界を変える夢の通貨」ではない

仮想通貨の理想と現実第1回

ビットコインは「世界を変える夢の通貨」ではない

ビットコインは「夢の通貨の誕生」といった論調で語られがちであるが、その裏には、できれば知りたくなかった、夢も希望もない現実も存在する。