Bizコンパス

足立 照嘉

足立 照嘉

足立 照嘉

サイバーセキュリティ専門家、投資家

サイバーセキュリティ企業の経営者として 15 年以上の経験を持ち、国内外の通信会社や IT 企業などのサイ バーセキュリティ事業者に技術供給およびコンサルティングを提供。日本を代表する企業経営層からの信頼も厚い。また、サイバーセキュリティ関連技術への投資や経営参画なども行なっている。大阪大学大学院工学研究科共同研究員。メディア出演や雑誌・ウェブへの執筆による啓発を行なっており、著書である『サイバー犯罪入門』『GDPR ガイド ブック』は、いずれも Amazon ランキングで 1 位を獲得。

記事一覧

自動運転車の普及は「世界へのコミット」である

サプライチェーンのセキュリティは大丈夫か?第5回

自動運転車の普及は「世界へのコミット」である

自動車業界は“自動運転”への変革が進行している。背景には、インターネットの普及や蓄電池の技術向上もあるが、それ以外にも、ある“基準”の存在がある。

自動車業界とIT業界はなぜ仲良くなれない?連携不足の根底にあるもの

サプライチェーンのセキュリティは大丈夫か?第4回

自動車業界とIT業界はなぜ仲良くなれない?連携不足の根底にあるもの

コネクテッドカーやIoTで注目される自動車産業とIT産業ですが、両業界の円滑な連携は、ある理由によって、阻害されているようです。それはなぜでしょうか?足立照嘉さんによる解説です。

自社だけ守っても意味がない!サプライチェーンリスクとの向き合い方

サプライチェーンのセキュリティは大丈夫か?第3回

自社だけ守っても意味がない!サプライチェーンリスクとの向き合い方

自動車のエンジン工場やネジを作っている町工場……モノを構成する部品全ての事業者は、サプライチェーンでつながっている。そこに、悪意を持つ者が入り込むリスクがある。

自動車が便利になるほど、“暴走”する可能性も高まる!?

サプライチェーンのセキュリティは大丈夫か?第2回

自動車が便利になるほど、“暴走”する可能性も高まる!?

自動車業界では、ディーラーに修理を受けなくても、ネットワークに接続してシステムを更新する自動車も登場している。しかし、その利便性に、リスクが潜むこともある。

「繋がりやすくて便利」なサービスは、悪意ある者にも繋がっている

サプライチェーンのセキュリティは大丈夫か?第1回

「繋がりやすくて便利」なサービスは、悪意ある者にも繋がっている

あらゆるモノやコトがサイバー空間とつながっていくことの恩恵を享受しているのは、一般ユーザーだけではない。悪意ある者たちにとっても、新たな価値がもたらされている。

こんなテレワークでは情報漏洩し放題である

こんなセキュリティ対策は機能しない第2回

こんなテレワークでは情報漏洩し放題である

働き方改革の一環として「テレワーク(在宅勤務)」が注目されているが、中にはセキュリティ対策が甘い企業もある。“情報漏えいし放題”なテレワークの例を紹介しよう。

効果ゼロ「なんちゃってセキュリティ」の恐怖

こんなセキュリティ対策は機能しない第1回

効果ゼロ「なんちゃってセキュリティ」の恐怖

セキュリティ対策をしているつもりでも、実際には何ら効果を出していないケースがある。今回はそんな“なんちゃってセキュリティ”で失敗した企業の例を紹介しよう。

なぜEUは、厳しい個人情報保護法を採用したのか?

日本も例外じゃない!5月スタート「GDPR」とは何か後編

なぜEUは、厳しい個人情報保護法を採用したのか?

EUは5月25日より、GDPRという個人情報保護法を施行する。違反した企業には最大で26億円もの制裁金を求める厳しい法案だが、なぜEUはそんなルールを導入するのだろうか?

制裁金26億円!?EUの個人情報保護法にどう対応する?

日本も例外じゃない!5月スタート「GDPR」とは何か前編

制裁金26億円!?EUの個人情報保護法にどう対応する?

2018年5月25日からEUでスタートする「EU一般データ保護規則(GDPR)」は、実は日本の企業にも大きく関係しており、違反すると巨額の制裁金を支払うケースもある。

「暗号化ファイルのパスワード別送」は無意味である

このセキュリティ対策、本当に効果あるの?

「暗号化ファイルのパスワード別送」は無意味である

情報漏えい対策の1つとして、送付ファイルを暗号化して送付し、そのパスワードを別送するという手法がある。しかし残念ながら、これにはまったく意味がない。

「する側」から見たサイバー犯罪の防ぎ方

なぜわざわざサイバー犯罪をするのか?

「する側」から見たサイバー犯罪の防ぎ方

サイバー犯罪が増えていますが、そもそもなぜ犯罪者側はサイバー犯罪を行うのでしょうか?本記事では「する側」から見たサイバー犯罪の防ぎ方を考えます。