Bizコンパス

田中 洋

田中 洋

田中 洋

中央大学ビジネススクール(大学院戦略経営研究科)教授

1951年名古屋市生まれ。京都大学博士(経済学)。日本マーケティング学会会長。マーケティング論・ブランド論・広告論・国際マーケティング論専攻。(株)電通でマーケティングディレクターとして21年間実務を経験して後、法政大学経営学部教授、コロンビア大学研究員などを経て、2008年より現職。社会人のためのビジネススクールでマーケティングとブランドの教鞭を執る。以下のグローバル企業への戦略アドバイスや社内講師を行っている。GE、マイクロソフト、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、メルセデスベンツ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、資生堂、味の素、日清食品、ソニー、日立製作所、パナソニック、ニコン、日本銀行など。

主著として『ブランド戦略論』(2017)、『消費者行動論』(2015)、『マーケティングキーワードベスト50』(2014)、『ブランド戦略全書』(編著、2014)、『ブランド戦略・ケースブック』(編著、2012)、『マーケティング・リサーチ入門』(共著、2010)、『消費者行動論体系』(2008)、『企業を高めるブランド戦略』(2002)など。日本広告学会賞(3回)、中央大学学術研究奨励賞、日本マーケティング学会ベストペーパー賞、東京広告協会白川忍賞などを受賞。
(編集:株式会社ネクストアド)

記事一覧

なぜ「TSUTAYA」は「T-SITE」へ変わったのか?

田中洋が語る、世界に通じるブランディング第6回

なぜ「TSUTAYA」は「T-SITE」へ変わったのか?

「TSUTAYA」で知られるCCC社は、最近はメインビジネスを、豊かな生活を提案することを目的とした「T-SITE」に切り替えている。これはどういう意図があるのか。

「産廃業」を「環境ビジネス」に変えた女社長の努力

田中洋が語る、世界に通じるブランディング第5回

「産廃業」を「環境ビジネス」に変えた女社長の努力

「産業廃棄物のリサイクル業者」と聞いて、良いイメージを抱かない人は多いかもしれない。しかし石坂産業の石坂典子社長は、そのイメージを覆すための努力を怠らなかった。

クレディセゾンはカードビジネスをどう変えたのか?

田中洋が語る、世界に通じるブランディング第4回

クレディセゾンはカードビジネスをどう変えたのか?

「セゾンカード」で知られるクレディセゾンは、クレジットカードを旧来の「流通業界カード」というあり方から脱し、ビジネスモデル転換に成功した。何を変えたのだろうか。

後発でも外資系企業を追い抜いた「ミルボン」の強み

田中洋が語る、世界に通じるブランディング第3回

後発でも外資系企業を追い抜いた「ミルボン」の強み

美容室向けヘア化粧品専業のミルボン社は、5期連続で過去最高益を更新している。なぜミルボンは、このように高い業績を維持し続けていられるのだろうか。

なぜレッドブルは「ない市場」を創造できたのか?

田中洋が語る、世界に通じるブランディング第2回

なぜレッドブルは「ない市場」を創造できたのか?

2000年代中ごろに日本で販売された「レッドブル」は、エナジードリンクというそれまでになかった市場を作り出した。その背景には、ある日本企業の存在があった。

無印良品の好調を支える「ムダ」と「ムリ」の力

田中洋が語る、世界に通じるブランディング第1回

無印良品の好調を支える「ムダ」と「ムリ」の力

無印良品が絶好調だ。2016年度決算では、連結売上高3千億円、海外売上高1千億円を達成、14期連続の増収。過去最高益も達成している。無印の成功の裏には何があるのか。