Bizコンパス

舟崎 泉美

舟崎 泉美

舟崎 泉美

小説家、ライター

富山県出身、東京都在住。小説、脚本、ゲームシナリオ執筆。ライターとして雑誌、WEB、企業誌などにも記事を書いている。第一回本にしたい大賞受賞。著書「ほんとうはいないかもしれない彼女へ」(学研パブリッシング)。公式ホームページ http://izumishiori.web.fc2.com/

記事一覧

組織の中で“初心”を忘れていませんか?「民王」

池井戸潤作品をビジネスに活かす!第4回

組織の中で“初心”を忘れていませんか?「民王」

理想を持って組織に入ったにも関わらず、日々、何かが違うと感じている人は多い。理想を持つことの必要性、志を忘れないことの大切さを池井戸潤の小説「民王」から学ぶ。

「下町ロケット」に学ぶ、企業の生き残り戦術

池井戸潤作品をビジネスに活かす!第3回

「下町ロケット」に学ぶ、企業の生き残り戦術

大企業からの圧力、苦しい資金繰り、社員の反発など、危機に直面することが多い中小企業。そんな中、たくましく生き残るにはどうしたら良いのか「下町ロケット」から学ぶ。

「花咲舞」に学ぶ、人間関係のストレスを減らす方法

池井戸潤作品をビジネスに活かす!第2回

「花咲舞」に学ぶ、人間関係のストレスを減らす方法

上司や取引先などに言いたいことを言えず、ストレスが溜まっていないだろうか。意見を伝えながらも人間関係をギクシャクさせない方法について、『不祥事』から探ってみる。

ルーズヴェルト・ゲームに見る無形のメリットの価値

池井戸潤作品をビジネスに活かす!第1回

ルーズヴェルト・ゲームに見る無形のメリットの価値

経営危機に直面する中堅部品メーカーを舞台にした池井戸潤の小説『ルーズヴェルト・ゲーム』。ピンチに陥った会社の再生物語から、理想のリーダー像について考えてみよう。

嘘まみれの真実を炙り出す爽快感「ソロモンの偽証」

時間を忘れるほど楽しめる!ミステリー小説ガイド第2回

嘘まみれの真実を炙り出す爽快感「ソロモンの偽証」

中学校で起こった男子生徒の転落死から全てがはじまった。同級生、教師、警察、保護者などの視点から彼の死の謎を解く、宮部みゆきの小説「ソロモンの偽証」を紹介する。

現代人の“正義”が問われる「ようこそ、我が家へ」

時間を忘れるほど楽しめる!ミステリー小説ガイド第1回

現代人の“正義”が問われる「ようこそ、我が家へ」

家庭に迫るストーカー、出向先でのトラブル、誰もが体験してもおかしくない身近な恐怖を描く、池井戸潤の小説「ようこそ、我が家へ」を紹介する。