Bizコンパス

結城 数馬

結城 数馬

結城 数馬

フリーライター

歴史・文学からビジネス、スポーツ等、幅広い分野において執筆を行う。共著に『武田勝頼の滅亡は武田信玄の残したリソースを有効活用できなかったことに尽きる』『IT・ベンチャー企業の組織作りは豊臣政権崩壊に学べ』『新約 真田幸村』『信長のおばさん』等(全て、まんがびと刊)がある。

記事一覧

黒田加入もBクラス、広島東洋カープ低迷の理由とは

昨季の広島東洋カープに学ぶ勝てる組織 勝てない組織

黒田加入もBクラス、広島東洋カープ低迷の理由とは

困難や危機に直面した時こそ、組織のトップたちは激しい討論を戦わせてでも、組織の方向性を決定し、道筋を示すことが求められる。それを実現できる組織は強い。

落合監督の名参謀・森繁和に学ぶナンバー2の心得

プロ野球の名指導者から学ぶ、部下の指導法第4回

落合監督の名参謀・森繁和に学ぶナンバー2の心得

組織のナンバー2や中間管理職には、経営陣や上長の意図を汲み取り、部下に伝え、指導することが要求される。その好例として、中日・落合監督を支えた森繁和を取り上げる。

石井琢朗に学ぶ、新天地で成功するために大切なこと

プロ野球の名指導者から学ぶ、部下の指導法第3回

石井琢朗に学ぶ、新天地で成功するために大切なこと

ビジネスマンには付き物の異動や転勤ではあるが、新しい職場で自分を生かし、組織を活性化させるためには困難が伴う。今回は広島カープコーチの石井琢朗の例を取り上げる。

自分を変えることでチームを変革させた野村謙二郎

プロ野球の名指導者から学ぶ、部下の指導法第2回

自分を変えることでチームを変革させた野村謙二郎

求める結果が得られない時、指導者は戦略や指導方法を変えることを求められる。状況や指導する相手によって、臨機応変に対応できる柔軟性が指導者には必要とされる。

“自主性”がチームを強くする、権藤博の奔放野球

プロ野球の名指導者から学ぶ、部下の指導法第1回

“自主性”がチームを強くする、権藤博の奔放野球

企業のビジネスリソースの中で、最も重要なものはヒトである。いかにしてヒトを活かし、育てるか、その指導力こそがビジネスに直結する。

大横綱にどう挑むか? ピンチをチャンスにする秘訣

横綱・千代の富士 1,000勝の陰のドラマ

大横綱にどう挑むか? ピンチをチャンスにする秘訣

「人間万事塞翁が馬」という諺がある。幸福と不幸はめぐりめぐって訪れるという意味だ。その機会をどうとらえ、変えるのか。大相撲の象徴的な1シーンから考察してみよう。

フィギュアに学ぶ、企業が成長し続けるための3要素

なぜフィギュアスケート選手に名古屋出身が多いのか

フィギュアに学ぶ、企業が成長し続けるための3要素

企業が成長を続けるためには、何が必要なのか。ヒト・モノ・カネのリソースをどのように活用するのか。日本のフィギュア・スケート界からそのヒントを探ります。

八甲田山の青森第5聯隊に見る、組織の混乱と暴走

真のリーダーシップは危機的状況で発揮される第4回

八甲田山の青森第5聯隊に見る、組織の混乱と暴走

指揮命令系統が混乱すると、たちまちのうちに組織は暴走し、プロジェクトは崩壊する。青森第5聯隊の八甲田山雪中行軍隊が壊滅していくプロセスを検証します。

八甲田山雪中行軍に見る、徳島大尉のリーダーシップ

真のリーダーシップは危機的状況で発揮される第3回

八甲田山雪中行軍に見る、徳島大尉のリーダーシップ

プロジェクトを成功に導くものとは何か、また失敗に導くものは何か、その分水嶺となるものは何か。八甲田山雪中行軍を題材にリーダーの役割と組織について考えます。

全隊員帰還と「全滅」、明暗を分けたリーダーの決断

真のリーダーシップは危機的状況で発揮される第2回

全隊員帰還と「全滅」、明暗を分けたリーダーの決断

初の南極点到達を成し遂げ、全員が帰還したアムンセンに対して、帰路で全員が遭難死したスコット隊。明暗を分けることになったスコットの決断を考えます。

“南極点到達”の偉業を成し遂げたリーダーシップとは

真のリーダーシップは危機的状況で発揮される第1回

“南極点到達”の偉業を成し遂げたリーダーシップとは

互いに人類史上初の南極点到達を目指したアムンセンとスコット。リーダーとして隊を率いた彼らの決断から、リーダーシップとは何かを考えます。