「スポーツ動画配信元年」に

DAZNにスポナビ、スポーツ動画配信はどれが良い?

2017.04.27 Thu連載バックナンバー

 2015年は、「Amazonプライム・ビデオ」や「Netflix」など、多くの動画配信サービスが日本で始まった年でした。

 続く2016年は、「スポーツ動画配信元年」とも云える年でした。「DAZN(ダ・ゾーン)」、「スポナビライブ」といった、スポーツ専用の動画配信サービスが開始されたのです。

 これらのサービスは、一体どのような特徴があるのでしょうか。今回は、スポーツ動画配信サービスの特徴と選び方を見てみましょう。

 

Jリーグと大型契約で話題「DAZN」の強みとは

 まず取り上げるのが、DAZNです。イギリスのスポーツメディア企業「パフォームグループ」が世界的に展開する、世界累計で年間6,000試合以上を配信するスポーツ専門の動画配信サービスです。

 DAZNは昨年、Jリーグの全試合(J1、J2、J3)を生中継すると発表したことで話題となりました。契約金は10年間で総額2,100億円という大型の契約です。これにより、これまでJリーグを独占的に放送してきた「スカパー!」の中継は2017年はなくなるため、「Jリーグの視聴をするならDAZN」ということになります(ルヴァンカップなど、一部の試合はスカパー!での中継が継続)。

 DAZNは海外サッカーの配信にも力を入れています。ブンデスリーガ(ドイツ)、セリエA(イタリア)といった人気リーグの試合を、リアルタイムで観戦できます。この4月からは、ラ・リーガ(スペイン)の試合中継もスタートしています。

 世界的に展開するサービスのため、サッカーだけでなく海外スポーツの配信には非常に強いのが特徴です。MLB(大リーグ)やF1、NFL(アメフト)、NBA(バスケ)、NHL(アイスホッケー)、ATPワールドツアー(テニス)、さらにサイクルロードレースやダーツなどの試合も見ることができます。また、バレーボールのVリーグ、ラグビーのジャパンラグビートップリーグといった、これまで地上波ではあまり放送されなかった日本のスポーツの中継も行われています。

 プロ野球は、横浜DeNAベイスターズ広島東洋カープの主催試合のみを配信しています。ただし、広島カープの主催試合については、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

小島 沙穂

小島 沙穂

株式会社Playceに所属。大手電鉄グループ社内報の編集・ライティングを担当する。また、経営者や新規事業担当者をターゲットにした雑誌『事業構想』にて、連載「パイオニアの突破力」を執筆。アスリートに取材を行い、組織作りやセルフマネジメントのコツを聞き出している。http://www.playce.co.jp/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter