疲れたときに役立つ“アレ”の秘密

エナジードリンクは栄養ドリンクと何がどう違うのか

2016.07.10 Sun連載バックナンバー

 一昔前、仕事で疲れたときに飲むドリンクといえば、「リポビタンD」「アリナミン7」といった栄養ドリンクがファーストチョイスでした。

 しかし現在では、「レッドブル」「Monster Energy(モンスターエナジー)」など “エナジードリンク”と呼ばれるカテゴリーのドリンクが増え始めています。

 コンビニでも手軽に購入でき、元気を出したいときに飲むように宣伝されているエナジードリンクは、栄養ドリンクとどのような違いがあるのでしょうか。そして、エナジードリンクを飲むことで、本当に元気になれるのでしょうか?

 

栄養ドリンクは「医薬部外品」、エナジードリンクは?

 冒頭で触れたように、日本における“疲れたときに元気が出る飲み物”といえば、小さな瓶に入った栄養ドリンクでした。しかし、2006年頃からレッドブルが日本で発売されると、海外生まれのエナジードリンクが続々と日本市場に参入。現在では全国各地のコンビニの一角を占めるほど普及しています。

 エナジードリンクのCMを見る限り「元気が出る」「シャキっとする」といった内容が多く、従来の栄養ドリンクとほぼ同じような効果があるように見えます。しかし両者は、法律上の扱いで大きな違いがあります。

 リポビタンDやアリナミン7などの栄養ドリンクは、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

里田 実彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

里田 実彦/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーライター

取材件数累計5000件以上。求人から商品パンフレット、企業オフィシャルWEBサイトなどを制作。WEBマーケティングに関連するセミナー開催実績、SIerの採用広告、WEBサイトの実績も有り。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter