人気ドラマから学ぶケーススタディ

「お義父さんと呼ばせて」に見る“年の差婚”の実態

2016.03.08 Tue連載バックナンバー

 現在放送中のテレビドラマ「お義父さんと呼ばせて」(フジテレビ系火曜日22時)が人気を集めています。主役は、娘ほど年の離れた女性との恋愛をするオジサン。2011年の流行語大賞にもノミネートされた「年の差婚」という言葉も今ではすっかり定着しつつありますが、半生を仕事に生きた男性と、大きく歳の離れた若い年下の女性は、なぜ惹かれ合うのでしょうか?

 今回はこの人気ドラマを例に、年上男性と年下女性との、大きく年齢が離れた恋愛について考えてみます。

 

オジサンだって恋をする。話題の年の差カップルを描いたドラマ

 今期ドラマでひと際目を引く、遠藤憲一のなんとも可愛らしい演技。強面な彼が今季演じているのは、28歳年下のOL・花澤美蘭(蓮佛美沙子)と恋愛する大道寺保という51歳の会社員、つまりオジサンです。意を決して彼女の実家に結婚の挨拶をしに行くと、彼女の父親である花澤紀一郎(渡部篤郎)は、偶然にも自分と同じ51歳。しかも相手は大手企業の重役であり、数々のメディアで取り上げられるほどのイケてるお義父さんでした。

 そんなオジサンと若い娘が、父親に交際を認められ、無事結婚までたどり着けるのか? 同ドラマは、このように年の差のある二人が結婚に至るまでの道のりを描いた作品です。

 テーマとして取り上げられているのは、50代男性の28歳もの年の離れた女性との恋愛。物語は軽いタッチで描かれ、年の差に対するイメージをとても明るいものにしてくれていますが、現実でもそういった例は珍しくありません。芸能界でもたびたび20歳以上離れた歳の差婚のニュースが流れ、婚活パーティーでも40代以上の男性と20代女性限定のパーティーが行われるなど、年の差カップルはちょっとしたブームの兆しを見せています。

 

実はニーズに合っている? 女性がオジサンと付き合うメリット

 実は、20代の女性にとっては、年上の男性を求める理由があります。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

キノシタ マユコ/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

キノシタ マユコ/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーライター・Graphic worker

広告プロダクションでディレクターとして勤務し、その後フリーライターとして独り立ち。現在はさまざまなジャンルの情報媒体の取材・執筆、グラフィックデザインやイラストまでも行う「Graphic worker」として活動中。元美容師という異色の経歴の持ち主。Instagram:womb_kinoco

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter