バレンタインデーのお返し、忘れていませんか?

部下に喜ばれる、嫌われるホワイトデーのお返しとは

2016.02.29 Mon連載バックナンバー

 毎年やってくる、嬉しいような面倒くさいようなバレンタインデー。多くの男性陣が頭を悩ませるのは、その一ヶ月後のホワイトデーのお返しだと思います。当日になって、職場近くのコンビニなどで適当に買ったものを渡していませんか? 特に部下へのお返しは、そのセンスによって上司への印象が大きく変わってくるものです。

 今回は「この上司、できる……!」と思わせるホワイトデーの返し方を紹介します。

 

ホワイトデーは「日本ならではの風習」

 実は、ホワイトデーという日を設定したのは日本です。これが中国、韓国などのアジア圏に広がり今や当たり前となっているものの、欧米などでは元々存在しない習慣なのです。バレンタインデーの始まりはローマと言われていますが、最初は「男性から女性にプレゼントをして、愛の告白をすると」いうのが本来のイベントでした。

 しかし日本では「人にものをもらったらお返しをする」という日本人らしい義理堅い性格がそうさせたのか、1978年に「全国飴菓子工業協同組合」が3月14日を「ホワイトデーはキャンデー贈る日」と命名し、その後はキャンデーやマシュマロなど、もらったチョコレートと同等のお返しをするようになったのだそう。

 リサーチバンクが1,000人に調査をおこなった結果によると、2015年度に何かしらの形でバレンタインデーをもらった人は約60%。そのうちきっちりとホワイトデーのお返しをした人は57%。返さなかったと答えた人は18%という結果に。価格帯は1,000~2,000円くらいものを予算にしていることがわかりました。中身はチョコレートやクッキーなどのお菓子で返す人が多く、これは義理チョコに関係なく本命チョコに対してでも同じ結果となります。

 

人とは違ったお返しで差をつける方法とは?

 とはいえ、フツーのチョコレートやクッキーをお返しにしても面白くありません。そこで「この上司、できる……!」と思わせるお返しの選び方を、以下に列挙します。

 

(1)奥さんや彼女と一緒に選んでもらう

 これは一番合理的な方法だといえます。きっと女性ならではの細やかな気遣いを添えてくれるはずです。女性側の意見として聞き入れましょう。

 さらに一緒に買いにいくことで、社内でのバレンタインというイベントが夫婦間、カップル間でよりオープンなものになります。そのため「誰にもらったの?」「このプレゼントは何?」といった、勘違いからの喧嘩も避けられそうです。

 

(2)スイーツにこだわる必要ナシ! 好みに合ったプレゼントを用意する… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

キノシタ マユコ/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

キノシタ マユコ/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーライター・Graphic worker

広告プロダクションでディレクターとして勤務し、その後フリーライターとして独り立ち。現在はさまざまなジャンルの情報媒体の取材・執筆、グラフィックデザインやイラストまでも行う「Graphic worker」として活動中。元美容師という異色の経歴の持ち主。Instagram:womb_kinoco

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter