あなたの会社でも起こりうる“もしも”に備える

ベッキー騒動から考える、不倫のリスクと解決法とは

2016.02.01 Mon連載バックナンバー

 芸能界の元気娘、ベッキーの初スキャンダルは、なんと既婚者との不倫騒動。このあまりにもイメージとかけ離れた衝撃のニュースは、ワイドショーでの格好のネタになり、各所からバッシングの嵐となりました。事態はそれだけに収まらず、CM降板、活動休止など関係各所が対応に追われています。

 もはや2人の色恋沙汰というだけで終わりにするわけにはいかないのが不倫問題。今回は、この「不倫」というリスキーすぎる恋愛関係が企業に与える影響について考えてみましょう。

 

スリルを求めるにはあまりにも危険すぎた2人の関係

 今回の不倫騒動では、「ゲスの極み乙女。」のボーカル兼ギターの川谷絵音(かわたにえのん)が、一般女性と婚姻関係にありながら、タレントのベッキーとの度重なる密会や親密な連絡を交わしていた記録が、詳細にわたって報道されています。報道直後は、互いに”友人”だと説明し、ベッキーが緊急釈明会見を行いました。

 しかし、ホテルでの2ショット写真やLINEでのメッセージのやりとりが次々とメディアにリークされ、さらにはLINEでの2人のやりとりが映ったスクリーンショットまでも流出。2人の親密な関係は言い逃れできそうにありません。

 これだけでも充分に社会的な制裁を受けてしまったわけですが、両者の仕事にも多大な影響が出ています。ベッキーはレギュラー番組の休演や、CMに出演する企業との契約解消が報じられました。川谷も所属バンドのラジオ番組の出演を休止。バンド全体のイメージダウンは免れず、ファン離れも少なからずあることでしょう。

 釈明会見後、「今後一切会いません」と宣言したベッキーですが、一度ついてしまった“人の家庭を壊した女”という烙印は消えず、痛すぎる結果となってしまいました。イメージが先行する芸能界で、そのイメージを壊すようなことは、たとえプライベートであってもご法度なのです。

 

一般社会でも不倫のリスクは深刻

 一般企業でも、社内での不倫関係というのは珍しい話ではありません。特に不倫が生まれやすいと言われているのが、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

キノシタ マユコ/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

キノシタ マユコ/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーライター・Graphic worker

広告プロダクションでディレクターとして勤務し、その後フリーライターとして独り立ち。現在はさまざまなジャンルの情報媒体の取材・執筆、グラフィックデザインやイラストまでも行う「Graphic worker」として活動中。元美容師という異色の経歴の持ち主。Instagram:womb_kinoco

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter