いまどきの若者文化を知る

若者はなぜSNSで「#ハッシュタグ」を付けるのか?

2016.01.21 Thu連載バックナンバー

 「#仕事中 #会議中 #ランチ #上司……」。この#(シャープ)の並びが何を意味するのかご存知ですか? これは、現在SNSの中で注目を集め、おそらくあなたの部下たちも利用しているであろう写真投稿型SNS「Instagram」の一コマです。この#記号には、若者の中で流行している独自の文化があります。今回は、近寄りがたい若者文化に触れて、若い社員との距離を少し縮めてみませんか。

 

そもそもInstagramとは何?

 mixi、Facebook、TwitterとSNSブームを渡り歩いた若者たちの多くに利用されているのが、写真共有型ソーシャルネットワーキング(SNS)「Instagram(インスタグラム)」。写真に特化したSNSで、スマートフォンで撮影した写真をアプリに投稿すると、フォロー(お気に入り)されている人のInstagram画面に写真が表示されます。また、探索機能を使えば全世界のユーザーの投稿写真を見ることも可能です。

 芸能人などの著名人もアカウントを持つ人が急増しており、海外セレブのプライートショットを見られることも。今や登録者数は全世界で約4億人。若者は四六時中どこに行こうがシャッターチャンスを逃さず、明けても暮れてもスマホでパシャ、そしてすぐさま投稿するわけです。

 また、Instagramには複数のフィルター(写真を加工する)機能があり、誰でも簡単におしゃれな写真アルバムを作ることができるのもポイント。「1枚の写真と簡単なキャプションで語れる」といった手軽さから、若者の間ではInstagramは一つのライフスタイルと化しているようです。

 

謎の記号#マーク(ハッシュタグ)とは?… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

キノシタ マユコ/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

キノシタ マユコ/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーライター・Graphic worker

広告プロダクションでディレクターとして勤務し、その後フリーライターとして独り立ち。現在はさまざまなジャンルの情報媒体の取材・執筆、グラフィックデザインやイラストまでも行う「Graphic worker」として活動中。元美容師という異色の経歴の持ち主。Instagram:womb_kinoco

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter