ケータイ業界の最新動向に迫る(第29回)

新たに割り当てられる電話番号「020」とは何か?

2017.02.06 Mon連載バックナンバー

 今年1月、総務省は、携帯電話向けとして新たに「020」から始まる電話番号を利用するための制度改正を実施した。これを受けて、大手携帯3社は020から始まる番号を活用することが発表されているが、この番号は「090」「080」など、一般的な携帯電話の番号とは異なった特殊な位置付けとなる。

 なぜ020番号が利用されるようになったのだろうか。

 

IoTの広まりによる電話番号の枯渇を解消

 生活に欠かせない存在となっている携帯電話だが、その歴史は古いようで意外と浅い。日本で携帯電話の前身となる自動車電話が1984年にサービスを開始してから、まだ30年と少ししか経っていないのだ。

 それだけ短期間で発展した携帯電話だけに、技術やサービスなど、さまざまな面で急速な変化が起きてきた。中でも大きく変化を遂げてきたのが電話番号で、端末に割り当てる番号が足りなくなり、後から番号を追加する、といった措置が何度かとられている。

 実際、1999年に携帯電話番号が11桁とされる以前は、固定電話と同様、電話番号の桁数は10桁だった。また、現在では一般的となっている「080」「070」から始まる携帯電話番号も、「090」で始まる電話番号が不足したことで後から加えられたものなのだ。

 そして今年、電話番号の不足によって、総務省は新たに「020」で始まる電話番号を携帯電話向けとして追加することを決定した。だが、この電話番号は従来の090や080などの番号とは異なり、やや特殊な位置付けの番号として割り当てられるようだ。

 というのも020番号は基本的に… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

スマホの進化が停滞しても、カメラの進化は続く
佐野 正弘

佐野 正弘

ライター

福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。著作:『Windows&iPhone連携テクニック Windows 8.1対応』(共著、インプレスジャパン)、『今すぐ使えるかんたんPLUS Androidアプリ 大事典』(共著、技術評論社)、『ポケット百科 Xperia arc 知りたいことがズバッとわかる本』(共著、翔泳社)など

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter