ケータイ業界の最新動向に迫る(第8回)

折り畳みケータイにAndroidが搭載されている理由

2016.02.10 Wed連載バックナンバー

 最近「ガラホ」などと呼ばれる、Androidをベースに開発された折り畳みタイプの携帯電話(フィーチャーフォン、ガラケーなどとも呼ばれる。以下、フィーチャーフォン)が増えている。Androidの利点を生かしつつも、従来の携帯電話とそっくりのインターフェースを実現するこれらの端末が生まれた背景には、ある大きな理由がある。

 

主流になりつつあるAndroidフィーチャーフォン

 日本でもスマートフォンの利用率が5割を超えるなど、今やスマートフォンが携帯電話デバイスの主流となっているのは、多くの人がご存じであろう。しかしながら、折り畳みスタイルで、なおかつダイヤルキーで操作ができる従来型の携帯電話・フィーチャーフォンも、年配者を中心として今なお根強い人気を誇っている。

 しかしながらここ最近、そのフィーチャーフォンに大きな変化が起きている。というのも、多くのスマートフォンに搭載されているOS「Android」を搭載した折り畳みタイプのフィーチャーフォンが、2015年頃を境として急増しているのだ。

 そのきっかけとなったのが、2015年2月にauから発売された、シャープ製の「AQUOS K SHF31」という端末。この端末は従来型の一般的な折り畳みスタイルのフィーチャーフォンと同程度のサイズ・デザインながら、その中身はAndroidがベースとなっていたことから、大きな驚きをもたらし、注目を集めたのである。

 またAQUOS Kの発売以降、auだけでなくNTTドコモもソフトバンクも、相次いでAndroidベースのフィーチャーフォンを発売。現在でも従来型のフィーチャーフォンは発売されているものの、新機種の数は減少傾向にあることから、今後はフィーチャーフォンもAndroidベースのものが主流になっていくと見られている。

 

従来の携帯電話と何が違うのか?

 では、AndroidフィーチャーフォンはAndroidスマートフォンと何が違うのかというと、最も大きな違いは… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

顧客満足度に見る「格安」モバイル通信市場の現在
佐野 正弘

佐野 正弘

ライター

福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。著作:『Windows&iPhone連携テクニック Windows 8.1対応』(共著、インプレスジャパン)、『今すぐ使えるかんたんPLUS Androidアプリ 大事典』(共著、技術評論社)、『ポケット百科 Xperia arc 知りたいことがズバッとわかる本』(共著、翔泳社)など

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter