ケータイ業界の最新動向に迫る(第3回)

なぜ今、安価なスマートフォンが増えているのか?

2015.11.25 Wed連載バックナンバー

 ここ最近、2万円から3万円、高くても5万円程度で購入できるスマートフォンが急増している。定価で8万円を超える高額のiPhoneシリーズが人気を博している日本で、なぜ安価なスマートフォンが急増しているのだろうか。

 仮想移動体通信事業者の参入や、低価格スマートフォンの性能向上に至るまで、その理由を解説していく。

 

国内外のメーカーが安価なスマートフォンを次々と投入

 日本の大手キャリアが販売しているスマートフォンは、店頭で「実質0円」などと表記されており、わかりにくくなっているが、実は非常に高額なものが多い。

 例として、国内で人気の高いiPhoneシリーズの最新モデル「iPhone 6s」の、Apple StoreにおけるSIMフリーモデルの価格を挙げてみると、最も容量が少ない16GBのモデルでも86,800円、容量が多い128GBのモデルでは110,800円と、10万を超える値付けがなされているのがわかる。

 そうしたことから大手キャリアは、高額なスマートフォンを購入しやすいよう、2年間金利ゼロの分割払いで販売。さらにそこから、2年間支払い続けてもらうことを前提としたさまざまな形での割引を提供することにより、毎月の負担を減らし、安く購入できるようにしているのだ。

 つまり、日本の大手キャリアは高価なスマートフォンを大幅に値引きして購入してもらいつつ、2年間の分割払いや割引による長期契約によって安定した通信料を得る、というビジネスモデルを展開しており、我々は毎月の通信料にかかる形で端末代を負担している、とも言える。

 だがここ最近、そのような複雑な仕組みを取ることなく、非常に安い価格で販売されているスマートフォンが、日本でも多く見られるようになってきた。たとえば、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

親はコントロールできている?子供用ケータイの今昔
佐野 正弘

佐野 正弘

ライター

福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。著作:『Windows&iPhone連携テクニック Windows 8.1対応』(共著、インプレスジャパン)、『今すぐ使えるかんたんPLUS Androidアプリ 大事典』(共著、技術評論社)、『ポケット百科 Xperia arc 知りたいことがズバッとわかる本』(共著、翔泳社)など

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter