ケータイ業界の最新動向に迫る(第26回)

“ビジネス版LINE”は、LINEとは一体何が違うのか

2016.12.22 Thu連載バックナンバー

 LINEの兄弟会社が、ビジネス版LINEというべきサービス「Works Mobile」を提供している。Works MobileはLINEと何が共通していて、何が違うのだろうか。そしてなぜ、ビジネス版LINEが必要とされているのだろうか。

 

LINEの兄弟会社が提供するグループウェア

 テキストだけでなくスタンプなどを用いて手軽にメッセージのやり取りができる、メッセンジャーアプリの「LINE」。そのLINEを仕事に活用できないかと考えている人もいるかもしれないが、実はビジネス版のLINEともいうべきサービスは、既に存在している。それが「Works Mobile」だ。

 Works Mobileは、メールやカレンダー、アドレス帳などの機能を備えた法人向けのグループウェアの一種。だがWorks Mobileは、LINEと同じく韓国のNAVERを親会社に持つ、ワークスモバイルジャパンが提供するサービスである。大きな特徴となっているのが、LINEと同等のトーク機能が利用できることだ。

 LINEと同じメッセージ機能が使えるということは、スマートフォンを用いて、時間や場所を選ぶことなく社員同士でコミュニケーションを簡単に取れることを意味する。しかもWorks MobileはLINEと同様に、テキストだけでなく画像や動画などのやり取りもできるほか、スタンプ機能も利用できるので、簡単な返信などはスタンプで返すことも可能。手軽に、かつ素早くコミュニケーションできるのが最大のポイントだ。

 さらに部署や仕事のチーム毎など、必要に応じてグループを作成し、複数人でのメッセージのやり取りができるほか、IP電話を用いてのビデオコールも可能。それゆえに、たとえば出先で資料やカタログなどを撮影してチーム全体で議論や評価をしたり、ビデオコールで直接顔を見ながら意見交換したりもできる。

 しかもWorks Mobileは、スマートフォンだけでなくタブレットやパソコンからも利用でき、いずれのデバイスからも全ての機能が使える。それゆえコミュニケーションはスマートフォンで、予定やメールの整理はパソコン上で、といったように、場面に応じて自分のスタイルに合った形で使い分けができるのである。

 

ビジネスシーンで急速に広がるチャットの利用

 そもそもWorks Mobileのようなサービスが生まれ、注目されるようになった背景には、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

なぜ今、中国で「QRコード決済」が大人気なのか
佐野 正弘

佐野 正弘

ライター

福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。著作:『Windows&iPhone連携テクニック Windows 8.1対応』(共著、インプレスジャパン)、『今すぐ使えるかんたんPLUS Androidアプリ 大事典』(共著、技術評論社)、『ポケット百科 Xperia arc 知りたいことがズバッとわかる本』(共著、翔泳社)など

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter