世界史から学ぶ国際情勢(第26回)

なぜ外国人は渋谷のスクランブル交差点に集まるのか?

2015.12.22 Tue連載バックナンバー

 渋谷のスクランブル交差点、築地市場の競り、伊豆の吉佐美大浜海岸、高野山の宿坊、姫路駅、直島……いま外国人に大人気の観光地なのだが、あなたはこのうちいくつ訪ねたことがあるだろう?

 どうやら最近の外国人観光客は、日本人がイメージする観光地とは少々異なる場所を訪ねているようだ。今回は外国人が訪ねる意外な場所とその理由を紹介する。

 

海外メディアが紹介する日本の観光地

 日本人が海外旅行に出掛けるときにガイドブックやインターネット、口コミなどで情報を集めるように、海外の方々もそうしたメディアで情報収集してから日本を訪れている。では、海外のメディアは日本のどのような場所を勧めているのだろう?

 旅行ガイドブックとして世界一のシェアを誇るのが「ロンリープラネット」だ。同社は2015年8月に “Lonely Planet’s Ultimate Travelist(究極の旅行先)” を出版しているが、ここで紹介している究極の500の旅行先に日本から以下14件がエントリーしている。

■ロンリープラネット Ultimate Travelist 500
・日光東照宮 ・渋谷スクランブル交差点 ・築地市場 ・富士山 ・奈良の大仏 ・金閣寺 ・嵐山の竹林 ・祇園 ・高野山 ・姫路城 ・広島平和記念公園 ・厳島神社の鳥居 ・直島 ・屋久島

 また、ロンリープラネットはweb上で “Top things to do in Tokyo(東京で何よりすべきこと)” と称していくつかの名所を選び出している。こちらも紹介しておこう。

ロンリープラネット Top things to do in Tokyo
・東京スカイツリー ・六本木ヒルズ ・築地市場 ・渋谷スクランブル交差点 ・歌舞伎座 ・国立劇場 ・東京国立博物館 ・大江戸温泉物語 ・明治神宮 ・浅草寺 ・両国国技館 ・相撲本場所 ・三鷹の森ジブリ美術館 ・新幹線(東京-大阪) ・銀座久兵衛(銀座の寿司屋) ・ゾートロープ(新宿のバー)

 「ロンリープラネット」に続く大手ガイドブックがイギリスの… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

なぜLCCが世界を席巻しているのか?
長谷川 大

長谷川 大

世界遺産&旅行ライター

横浜国立大学卒業後、出版社勤務。三国志・戦国時代・幕末・ギリシア神話など、歴史ものを中心に編集・ライティングを行う。世界一周の旅を経てフリーの編集者・ライターとして活動中。これまでの訪問国数は68か国、世界遺産は182か所。All About「世界遺産」公式ガイド。http://allabout.co.jp/gm/gt/563/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter