クール・ジャパンの諸相(第3回)

きゃりーぱみゅぱみゅが世界で人気の理由

2014.06.20 Fri連載バックナンバー

 5月4日、東京・原宿で開かれていたファッションイベントの会場で、人気アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅに「バービーアワード2014」が贈られた。米マテル社が世界的なファッション人形のバービーにふさわしいセレブを選んで与えているもの。日本人では10年ぶりの受賞で、その存在が世界でも広く知られていることが証明された。

 

世界ツアーは現地のファンで即完売

 カラフルな衣装とキュートな歌声で、テレビCMや歌番組に引っ張りだこのきゃりーぱみゅぱみゅが、世界各国で日本に負けない人気を得ていることは案外知られていない。2月13日のシアトルからスタートし、ニューヨークやパリ、ロンドン、シドニーなどを回って6月28日のバンコクまで続くワールドツアーは、ほとんどの会場でチケットが即完売。ライブ当日ともなれば、開場の何時間も前から思い思いの衣装で着飾ったファンが詰めかける。

 日本のミュージシャンやアイドルグループが、海外でライブを開いて話題になった例なら最近もある。ただ実態は、日本紹介のイベントでステージに立つだけだったり、観客席にはツアーで現地入りした日本人ファンが並んだりと、必ずしも海外での人気を反映したものではなかった。これに対し、欧米やアジアでツアーを展開し、どの会場でも2,000人近い現地のファンを集めてみせるきゃりーぱみゅぱみゅは異例中の異例だ。

 政府や産業界の後押しを受け、日本の文化を世界に広めようとする「クール・ジャパン」プロジェクトが本格的に動きだし、食やファッション、映像や音楽などから何を海外に売り込むかが検討されている。500億円という巨額の予算が動くだけに、各業界も我こそはと自己アピールに躍起だが、そうした喧噪から少し距離を置いた場所で、きゃりーぱみゅぱみゅは「クール・ジャパン」を実現してしまった。なぜできたのか。そこには徹底したオリジナリティーの追求があった。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

産経デジタル

産経デジタル

産経新聞グループ各媒体のウェブサイト運営、ポータルサイト・モバイル端末などへのニュースコンテンツなどの配信を手がけています。ウェブでも国内最大級のニュースサイト「MSN産経ニュース」などを運営する産経新聞グループの記者が「Bizコンパス」のために書き下ろした、ここでしか読めない記事です。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter