ITトピックス最先端(第1回)

NTTがニコニコ超会議で見せようとしたもの

2014.05.20 Tue連載バックナンバー

 ネットで自作の曲や踊る姿を披露し、作ったものを見せて楽しむカルチャーが、ネットの世界を飛び出して、大集合したのがイベント「ニコニコ超会議3」。幕張メッセで4月26日と27日に開かれ、12万人以上を集めて大成功のうちに終了した。企業がコンセプトや製品を若い世代にアピールする場としても認知され、安倍晋三首相が2年続けて来場し、大相撲の「超会議場所」も開かれ話題を集めた。そんな人気ぶりに、企業が関心を持たないはずがない。NTTは「超未来研究所」と銘打ったブースを出展。そこには、最新の技術やサービスを、エンターテインメント性のある展示で幅広い世代に伝えるアイデアが詰まっていた。

 

20メートル先の会話が拾える驚きのマイク

 階段で上がれる2階部分の柵に、ずらりと取り付けられた12枚のパラボラアンテナに似たマイク。その後ろでは、来場者たちがヘッドホンをつけ、アンテナが向いた先にある宇宙飛行士や宇宙人が描かれたスピーカー付きのパネルを見つめている。周囲ではアイドルのライブやゲームの大会が繰り広げられ、会話も大声となる状態。ところが、ヘッドホンのスピーカーからは、パネルで流れる声や音が細かいところまでしっかりと聞こえてくる。

 これが、NTTメディアインテリジェンス研究所が開発した「ズームアップマイク」の威力。20メートル離れた人の声を聞けるようにした技術で、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

産経デジタル

産経デジタル

産経新聞グループ各媒体のウェブサイト運営、ポータルサイト・モバイル端末などへのニュースコンテンツなどの配信を手がけています。ウェブでも国内最大級のニュースサイト「MSN産経ニュース」などを運営する産経新聞グループの記者が「Bizコンパス」のために書き下ろした、ここでしか読めない記事です。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter