注目のニュースリリース 2014年4~9月(第11回)

「クラウドへの移行に補助金交付」等44本

2014.06.26 Thu連載バックナンバー

 Bizコンパス編集部が選ぶ注目のITニュースリリース。今週は「クラウドへの移行に補助金交付」など44本のニュースリリースをご紹介します。

 

「Lagopus」の実装・導入を支援

 NTTが中心となって開発したSDN対応ソフトウェアスイッチ「Lagopus」の普及支援サービスです。通信機器メーカーや通信事業者、ISP、データセンター事業者などを対象に、コンサルテーションやスイッチ機器・サーバへの移植など商用サービスへの導入から運用までを支援します。

ストラトスフィアが、OpenFlow仕様に準拠した高速SDNソフトウェアスイッチ「Lagopus」のオープンソース化に合わせて、実装や導入を支援するプロフェッショナルサービスを提供開始(2014/06/12)

 「Lagopus」は市中で広く販売されているサーバ仕様を前提として設計・開発されているため、用途に応じてサーバの性能・価格を選択することで広範な利用が見込まれています。特に、これまでSDNソフトスイッチが不得手としてきた高速な処理性能を実現することができるため、広域ネットワークでの利用をも可能としています。利用者増加により開発者のコミュニティが拡大し、新たな機能追加・ソフトウェアとしての安定化・周辺のツール類の拡充・各種ドキュメントやノウハウの蓄積など、「Lagopus」のエコシステムが更に充実することが期待されています。

 

カンボジアに大容量光海底ケーブルを接続

 ASEは、日本とフィリピン、シンガポール、マレーシア、香港を、地震や台風などの自然災害の多発地域を避けながら最短ルートで接続している大容量光海底ケーブルです。今回の合意により、カンボジアだけでなく、メコンエリア各国との間で高信頼・大容量の通信環境を提供できるとのことです。

NTTコミュニケーションズとカンボジアの通信事業者Chuan Wei(Cambodia)が、アジア主要都市を接続する大容量光海底ケーブル「Asia Submarine-cable Express(ASE)」のルートを拡張し、カンボジアへの接続に合意(2014/06/12)

 カンボジアにおいては、同国政府による外資企業の誘致政策などを受けて、グローバル企業の積極的な進出が続いています。タイのバンコクからベトナムのホーチミン市を結ぶ南部経済回廊の中心に位置し、経済成長の著しいこのエリアでは、企業活動の活性化に伴い急増しつつある通信需要を支えるため、信頼性が高く大容量のネットワーク環境が求められています。

 

クラウドへの移行に補助金交付

 オンプレミス環境やデータセンターのコロケーションサービスで運用している情報システムを、エネルギー効率の高いデータセンターを活用したクラウドサービスに移行する事業者に対して補助金を交付する事業です。今回、「Bizホスティング Enterprise Cloud」を対象サービスとして登録完了したことで、同サービスを導入する顧客は審査基準を満たせばシステム移行費用を軽減できるとのことです。

NTTコミュニケーションズのクラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」が、経済産業省の「中小企業等省エネルギー型クラウド利用実証支援事業費補助金(データセンターを利用したクラウド化支援事業)」交付対象サービスに登録(2014/06/11)

 インターネットや携帯端末などの普及、サーバーの低価格化により、社会全体におけるデータ量が急増し、データセンターへの需要が世界的に高まってきており、引き続き、今後の成長分野として期待されています。 一方、データセンターは日本国内での消費電力量の約1%を超えて増大してきており、今後、電力需給への圧迫が危惧されています。また、電力価格の高騰により、日本国内のデータセンターの国際競争力が低下する要因となっている状況もあります。

 

企業やISPのネットワークをまるごとSDN化

 ネットワーク機器の設定をサービス・アプリケーション単位で分割・抽象化して記述し、ポータルに登録する製品です。ユーザーが有効化すると、実際の経路上のネットワーク機器に対して必要な設定を自動生成して展開します。ネットワーク機器がSDN非対応でも、マルチベンダーでL2~L7までの全てのレイヤーでSDN化が可能とのことです。

NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)が、企業やサービスプロバイダーのネットワークをまるごとSDN化できる米Anuta Networksのソフトウェア「NCX」「nCloudX」を販売開始(2014/06/10)

 Anuta Networks Inc. は中~大企業やサービスプロバイダー向けにサービスの仮想化ソリューションを提供した最初の会社です。Cisco Systems, F5 Networks, VMware 等業界の多数のベンダーとパートナーシップを組んでおり、企業でのスムーズで素早い導入を実現しています。Anuta Networks は企業ネットワーク、データセンター、仮想化、ネットワーク・システムマネジメント等の分野で卓越した経験を持つ専門家により2010 年に設立されました。本社は米国シリコンバレーにあり、オフィスを日本、オーストラリア、アイルランド、フランス、スペイン、およびインドに設置しています。Anuta Networks 製品は Best of vmworld 2013 の finalist アワード、Gartner, Inc. の選定する “Cool Vendors in Communications Service Provider Infrastructure, 2014” に含まれるなど業界内でも高い評価を受けています。

 

その他、Bizコンパス編集部が選んだ注目のニュースリリースです。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

「SDNを高速に動作検証」等28本
Infostand

Infostand

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter