2014年IT展望!次にくるデバイスとは?(第1回)

近未来を先取り!メガネ型ウェアラブルデバイス

2014.01.09 Thu連載バックナンバー

 “スマホの次”を担う端末(デバイス)開発に世界最先端のネット企業やIT機器メーカーがしのぎを削る今日。2014年にブームになりそうな端末を予測する年頭IT展望シリーズ第1回は、いよいよアメリカ市場で一般ユーザー向けに発売予定のグーグルグラス(Google Glass)といった近未来を先取りしたメガネ型ウェアラブルデバイスを紹介します。

 

「携帯する」から「身に着ける」へ。2014年はウェアラブル時代の幕開けとなる年

 ウェアラブルデバイス(Wearable Device)とは、文字通り、身に着けて利用するコンピューターデバイスのこと。古くからSFの世界には登場していましたが、近年のIT関連の進化を背景に開発が進み、スマホの次を担うデバイスとして注目を集めています。ウェアラブルデバイスは、手に持たずに利用できたり、センサーで身体情報を取得できたりといった特長を活かして、医療、健康管理、マーケティング調査など多方面への活用も期待されています。今回はこうしたウェアラブルデバイスの中で、現時点で最も注目度の高いメガネ型デバイスを紹介します。

 

ハンズフリーでAR(拡張現実)を実現するメガネ型デバイスの本命!グーグルグラス

 グーグルグラス(Google Glass)は、グーグルの研究部門であるGoogle X Labが開発に取り組んでいるメガネ型デバイスです。単に「グラス(Glass)」と呼ばれることもあります。2013年4月に主に米国内のテスター希望者や開発者にエクスプローラー(Explorer)版が提供され、プロダクトの最終調整とともにアプリ開発も行われてきました。

 その特徴は以下です。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

黒木 泰二郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター&コピーライター、ディレクター

広告制作会社から独立後、フリーランスライターとして新聞、雑誌、ウェブなどさまざまなメディアで活躍。得意分野はIT、オーディオ、自動車、教育、保険、住宅など。取材・執筆をはじめキャッチコピー、ネーミング、販促企画、翻訳リライトなど多様なライティングニーズに対応可能。
Facebook: http://www.facebook.com/taijiro.kuroki

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter