安部徹也のMBAエッセンス講座:経営戦略編(第1回)

ビジネスの本質を理解し、目的と目標を明確化しよう

2017.11.30 Thu連載バックナンバー

 ビジネスで成功を収めるためには、戦略を欠かすことはできません。特にビジネス環境が混沌とした状況に置かれている企業にとって、しっかりとした戦略や事業計画を立てることは厳しい競争に生き残るうえで非常に重要な要因となるといっても過言ではないでしょう。

 『一寸先は闇』という状況の中で、戦略や計画を立てても実現できるかどうかわからないと“出たとこ勝負”で事業活動を行っている企業もあるかもしれませんが、逆に将来が見えないからこそ、明確な目標を設定して効率的に達成していく戦略の重要性が益々高まっているのです。

 この連載ではビジネスの成功に欠かすことのできない経営戦略のエッセンスを3回にわたってお届けしていきます。

 第1回目となる今回はビジネスの本質を掘り下げて、経営戦略の根幹を成す『ミッション』と『ビジョン』についてお伝えしていくことにしましょう。

 

ビジネスって何?ビジネスの本質とは?

 さて、私達は日々ビジネスに携わっているわけですが、一般的に『ビジネスとは利益を追求する活動』と捉えられているかもしれません。確かに利益が上がらなければ事業を継続することは難しいという事実を踏まえれば、企業活動と利益追求は切っても切り離せない関係にあるといっても過言ではないでしょう。

 ただ、利益を目的にビジネスに取り組んでしまうと長い目で見て必ず失敗の憂き目に遭うことになります。

 たとえば、食品を販売する小売店のケースで考えてみましょう。

 小売店にとって、消費期限切れで本来であれば廃棄処分にしなければならない食品は利益を大きく損ねる要因となります。そこで利益が至上命題の企業であれば、消費期限を改ざんし、本来売ってはならない商品を販売して利益を上げることに躍起になるかもしれません。

 このような行為は1回や2回では発覚しないかもしれませんが、利益追求のために常態化すれば、顧客が気付くかもしれませんし、良心の呵責に耐えかねた従業員からの内部告発で明るみに出るかもしれません。一旦このような不祥事が発覚すれば、これまで積み重ねてきた利益は一気に吹き飛び、信頼を失った企業の事業は立ち行かなくなることでしょう。このようなケースを私達はいやというほど見てきています。

 つまり、利益のみを追求することがビジネスではないのです。

 それでは、一体ビジネスの本質とは何なのでしょうか?… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

安部 徹也

安部 徹也

株式会社 MBA Solution 代表取締役

株式会社 MBA Solution 代表取締役。2001年MBAを取得後、経営コンサルティングの事業で起業。近著に『最強の「イノベーション理論」集中講義』 (日本実業出版社)や『ぐるっとマーケティング』(すばる舎リンケージ)などがある。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter