ビジネスリーダーの基礎知識「MBA」を学ぶ

MBAで求められる「論理思考」とは

2017.08.11 Fri連載バックナンバー

 ビジネスに役立つ知識やスキルを磨くため、MBA(経営学修士)を取得するビジネスパーソンが増えています。

 そうした世相を反映してか、「MBA100の基本」(グロービス著、嶋田毅執筆、東洋経済新報社)という本が人気です。本書には、MBA(経営学修士)を取得するために必要なノウハウが、論理思考、マーケティング、リーダーシップなどが11のセクションに分けて書かれています。

 本書では、ビジネスの生産性を上げるためには、より適切な意思決定をする能力と同時に、それを他者に説得力をもってコミュニケーションできる能力で、その説得力を高めるためには「論理思考」が必要とされています。

 そこで今回は、本書の中で「すべての土台」と表現されている「論理思考」に焦点を当て、人を説得するためには何が必要なのか? について探ります。

 

人を説得するために「思いつき」は許されない

 プライベートなシーンにおいては、時に思いつきで発言したことが通ってしまうことがあります。しかし、ビジネスシーンにおいては、そうはいかないことがほとんどです。たとえば、会議で意見を述べたときに、誰からも共感を得られず、発言がスルーされることがあります。

 なぜ自分の発言はスルーされたのでしょうか。おそらく、その主張には根拠がないとみなされたのです。

 本書によると、何かを主張し展開するうえでは「柱となる根拠」が必要としています。

 しかし、根拠は1つだけでは説得力はなく、2つでは微妙、5つ以上になると相手が覚えきれません。それでは4つ?と思う人もいるかもしれませんが、本書では「3つ」がベストとしています。

 とはいえ、その根拠は3つの根拠は、すべて相手を納得させるものを用意しなければなりません。そのため、根拠はただ羅列するのではなく、論理構造を組み立てる必要があります。

 より具体的にいえば、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

石盛 丈博

石盛 丈博

ITC 代表

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter