なぜあの会社では働き方を変えたのか?(第2回)

アマゾンもトヨタも「パワーポイント」を使わない

2017.05.31 Wed連載バックナンバー

 マイクロソフトの「パワーポイント」は、プレゼンテーションのツールとして、ビジネスのさまざまなシーンで活用されています。多彩なテンプレートが用意されているため、資料が美しく装飾できたり、アニメーションを用いた印象的なプレゼンテーションにするといったことが、簡単にできる点が特徴です。

 しかし、アメリカの通販最大手「Amazon」(アマゾン)のCEOであるジェフ・ベゾス氏は、社内における「パワーポイントによるプレゼン」を禁止しています。2014年に発売された「ジェフ・ベゾス 果てしなき野望」(日経BP社刊、ブラッド・ストーン著、井口耕二訳)にて、以下のような記述があります。

 「アマゾンの文化は独特だ。会議で、パワーポイントやスライドによるプレゼンテーションは行われない。そのかわり、6ページの意見書で要点を説明する。クリティカルシンキングを育むには散文形式のほうがいいとベゾスが信じているからだ。新製品ならプレスリリース形式で文書を作る。つまり、その提案をどのような形で顧客に提示するのかを形にするわけだ。」

 実は、パワーポイントの使用を禁止している企業は、Amazonだけではありません。たとえば日本を代表する企業であるトヨタ自動車でも、社内向け資料にパワーポイントを使用することを禁じているといいます。

 便利なはずのパワーポイントが、なぜこうした企業で使用されなくなっているのでしょうか?

 

何故「パワーポイント」は禁止になったのか

 パワーポイントは、冒頭にて触れた通り、さまざまなデザインが可能で、見る人に強力なインパクトが与えられる点が特徴です。

 パワーポイントが素晴らしいツールであることは間違いないのですが、実はベゾス氏は、前述の書籍の中で、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter