ついやってしまいがちなダメなトーク

自分では気付けない、相手を「怒らせる」話し方とは

2017.04.28 Fri連載バックナンバー

 商談などで取引先と話を進めていると、突然相手が怒り出した経験がある人もいるかもしれません。もしかするとそれは、知らず知らずのうちに、相手を「怒らせる」話し方をしてしまてちる可能性があります。

 「怒らせる」話し方には、言い回しや話の順序に特徴があります。その「怒らせる」ポイントについて、心理カウンセラー・産業カウンセラー植西聰氏が著書「あなたの話し方はなぜ相手を怒らせるのか」(宝島社)で解説しています。

 

悪意のない「話下手」が怒りを買う

 同書では、ビジネスシーンで起こりがちな「怒らせる」話し方として、3つのパターンが挙げられています。

 1つ目が「否定的な言葉を使う」ことです。「それは違います」「いいえ」「そうではありません」などの言葉をダイレクトに使った場合、相手に不快感を与えるといいます。プライドの高い担当者なら、そこで商談が打ち切られる可能性もあるとのことです。つまり、相手の提案や質問に対して、否定的な言葉を使わないようにすることが重要です。

 2つ目が「専門用語の多用」です。知らない専門用語を使われ、その説明が不十分な場合、相手はストレスを感じる傾向にあります。

 特にIT分野の場合は、新しい用語が日に日に増えていく業界です。最新用語を並べ、自社の先進性をアピールしているつもりが、相手を苛立たせることにつながる恐れがあります。

 3つ目が… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

高槻 雫

高槻 雫

フリーライター

兵庫県在住のフリーライター。人材派遣会社の営業担当として様々な採用現場に携わった経験を元に、ビジネス心理学や採用に関するコラムを執筆している。特にITや医療、介護分野に精通している。平成28年、情報セキュリティマネジメント試験合格。趣味は楽器演奏と温泉巡り。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter