スタンフォード大の名物講義に学ぶ(第2回)

目標を達成するために必要なのは「睡眠と糖分」!?

2017.04.30 Sun連載バックナンバー

 アメリカの名門大学・スタンフォード大学における授業をまとめた書籍「スタンフォードの自分を変える教室」(大和書房刊)がベストセラーとなっています。

 1回目では、目標を達成するために必要な「意志力」の鍛え方を取り上げました。本書における意志力とは「自分が決めたことをやり抜く力」のことです。自分が決めた日々のちょっとした取り組みを重ねることが、やがて目標達成に必要な「やり抜く力」につながる、という内容でした。

 しかし本書によれば、その意志力を鍛えるには、自分自身の行動を観察・理解するという「冷静な分析」と、「生活習慣」が必要となるといいます。

 冷静な分析については1回目にて取り上げたので、今回は意志力を鍛えるための「生活習慣」を取り上げましょう。

 

よく眠る人と甘いものを食べる人は、目標を達成しやすい?

 本書によれば、意志力は「体調」よって弱まることもあるといいます。つまり意志力を保つためには、毎日の健康を維持しないといけない、ということになります。

 それでは、どのように体調を管理すれば良いのでしょうか。本書では、「睡眠」と「血糖値の管理」を取り上げています。

 本書では睡眠を「意志力の基盤」と位置づけており、睡眠をしっかりとることで、脳機能が回復し、やるべきことが実行できるようになるといいます。とはいっても、長時間睡眠を取る必要はありません。脳機能が回復するには、6時間睡眠が適しているといいます。

 2つ目の「血糖値の管理」については、意志力とどう関係しているのか、いまいちピンと来ない人もいるかもしれません。ですが、血糖値が低い状態では、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

山田 雄一朗

山田 雄一朗

筑波大学大学院で経営工学の修士号を取得した後、IT企業で営業として5年の職歴を経験。リサーチ力を強みとしたライターとして活動中。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter