しくじりが成功を生む!失敗学のススメ(第3回)

新たなビジネスは「しくじり」から生まれる

2016.12.05 Mon連載バックナンバー

 機械文明は、私たちの生活を便利かつ豊かにしてきました。ところが、これらの発明や開発のきっかけは、実は「不便」を感じたり「失敗」をしたりするところから始まっているのです。今回は、「不便」や「失敗」から進歩してきた車の歴史を例に挙げ、私たちが「失敗」から何を学んでいくべきかをお伝えします。

 

昔の輸入車にはキーが2つあった

 「不便」が技術を発展させた例としては、車のキーがあります。

 1984年、私が初めて自分専用の車として、クライスラー・プリムスのハッチバックに乗ったときのことです。アメリカに渡ったときにあてがわれたレンタカーでしたが、そのとき渡されたキーは2つありました。それは、エンジン用とドア開閉用というそれぞれが異なる用途だった上に、向きを間違えるとうまく鍵穴に挿さらないという代物でした。いちいち、どちらが何のキーなのかということを確認し、挿す時の方向に注意しなければいけないのは不便なものでした。

 その1ヶ月後に、1975年製、ホンダ・シビックを、1,300ドルで買いました。古い車になったものの、ホンダの「CVCCエンジン」がアメリカに進出した記念碑的シビックで、キーは1本だけでした。挿すときに向きを気にすることもなくなったのです。

 このシビックを2年間乗り回してお金をため、新車に乗り換えたころ、アメ車のキーも1本が標準になり、点対称の作りになり向きに注意する必要もなくなっていました。

 ビッグ3の一角を担い、中でも高級感あふれるクライスラーの設計陣が、市場の競合製品に学び、悔しい思いをしながらも、消費者のニーズに応えたことになります。この例は、「不便」が技術を進歩させたものだといえるでしょう。

 

車が突然加速せず、衝突してもエアバッグが反応しなくなる

 不便さが技術の発展につながることもあれば、新しい技術が失敗につながることもあります。

 代表的なものは、2014年2月に始まり、これまでに小型車3千万台のリコールとなった米国ゼネラルモーターズ(GM)のイグニションスイッチ事件です。

 その原因は、走行ポジション(ON)の状態にあるキーが、走行中に突然アクセサリーポジション(ACC、カーステレオなど車の電装品を動かすための状態)に戻ってしまうというものでした。走行中、エンジンは惰性で回転を続けますが、アクセルペダルを踏んでも加速はせず、衝突してもエアバッグが作動しないという危険な状態となります。この不具合による死亡者は100名を越えました。

 キーが戻ってしまう理由は、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

飯野 謙次

飯野 謙次

NPO法人失敗学会 副会長・事務局長

サイドローズエルピー ゼネラルパートナー。東京大学工学系等安全衛生管理室 学術支援専門職員、消費者庁消費者安全調査委員会 臨時委員

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter