今さら聞けない「Evernote」のビジネス活用法(第2回)

ゼロから始める「Evernote」:Webページの保存法

2016.09.30 Fri連載バックナンバー

 テキストから、写真、PDFファイル、音声まで、多彩なデータを一つにまとめることができる、無料のパソコン・スマートフォンアプリが「Evernote(エバーノート)」です。

 前回は「メモの保存法」という基本的な操作方法を紹介しましたが、今回は「Webページの保存・ブックマーク方法」について紹介します。

 

ブックマークやスクリーンショットよりも便利な機能

 仕事のヒントやアイデアを探すためにネットサーフィンをして、気になったページを見つけた場合、忘れないようにブックマークをする人は多いでしょう。しかしブックマークで保存できるのは、そのWebページのタイトルとURLだけ。ブックマーク数がどんどん増えてしまえば、後からなんのWebページなのかを思い出すのは至難の業です。

 また、せっかく仕事に役立つWebページを保存していたのに、しばらく経ってアクセスしてみたら、ページ自体が消えていたり、掲載内容が上書きされていたり、といったケースもあります。

 中にはブックマークではなく、Webページのスクリーンショットを撮ってファイルとして保存しているという人もいるかもしれませんが、数が増えてくればファイルも膨大になり、後から目当ての記事を探し出すことは難しくなるでしょう。

 しかし、こんな悩みはEvernoteの「Webクリッパー」機能がすべて解決してくれます。

 

ボタンひとつでWebページをノートに保存

 「Webクリッパー」とは、ボタンひとつで、表示されているWebページをEvernoteのノートに保存(クリップ)してくれる機能です。ノートに保存されたWebページは、デザインやフォントなどの見た目は若干変更されるものの、しかし画像や表などはそのまま表示されますし、他のWebページへのリンクもそのまま有効です。保存したページを検索して探し出すことも可能です。

 この機能を使うためには、まずWebクリッパーをダウンロードしインストールする必要があります。インストールするパソコンは、WindowsでもMacでもかまいませんが、WebブラウザはInternet Explorer、Google Chrome、Firefox、Safari、Operaの5つ種類となります。ブラウザーごとに多少機能が異なりますが、もっとも多機能なのがGoogle Chrome用となっています。

 Google ChromeにWebクリッパーをインストールすると、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

大竹 利実

大竹 利実

ライター

20年以上のライター経験を持つITライター。某外資系大手IT企業で専属ライターの経験もあり。横丁、大衆酒場といった場所には目がない。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter