心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック(第9回)

自社のSEOを成功させる心理テクニック

2017.01.28 Sat連載バックナンバー

 ウェブサイトのSEO(検索エンジン最適化)は、もはやデジタルのマーケティングにおいて欠かせないものとなっており、ウェブサイト運営では検索上位にランクさせることが求められています。

 実は、SEOで効果を出すためには、心理テクニックを用いるとうまくいく可能性が高くなります。今回は、「心理テクニックを使ったSEO活用術」を紹介します。

 

「注意・興味・確認ワード」を認識しているか?

 多くのSEO対策マニュアルで重要とされているのが、検索に用いられる「キーワード」を、タイトルや記事の冒頭に含めることです。特に「注意ワード」「興味ワード」「確認ワード」の3点が含まれるように気を配りましょう。

 「注意ワード」とは、読者の注意や目を引くためのキーワードです。心理学では「定位反応」や「おや何だ反応」と呼ばれます。たとえば、大きな音がすると、「おや何だ」ということで、音のしたほうに注意が向きます。乳児の母親であれば、赤ちゃんの泣き声に反応します。これが「おや何だ反応」です。

 「興味ワード」は日頃から興味を持っているキーワードです。人間は、日頃から興味を持っていることや必要な情報には敏感になります。ゴルフが趣味であれば、ゴルフのキーワードに反応することになります。

 そして、「確認ワード」とは、読者が確認したいと感じるキーワードです。人間には「確認行動」という心理傾向があります。たとえば、外出するときに何回も消灯やガスの元栓を確認する行動繰り返すことがあります。このことから、「確認行動」といわれます。

 私が運営する女性向けサイトのケースを見てみましょう。分析した結果、注意ワードは… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

村田 芳実

村田 芳実

認定心理士

合同会社メンタルナビ代表社員。一部上場企業の広報・マーケティングの責任者を担い、日本を代表する企業を始めとして経営者の取材は150回以上。心理学を駆使して、CSやイメージアップ、顧客の囲い込み、シェアアップなど様々な企業課題を解決してきた。現在、心理学に関する書籍やWeb記事を執筆している。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter