ビジネスパーソンが知るべき世界の名言(第9回)

リンカーンが宣言した「人民のための政治」とは何か

2016.12.31 Sat連載バックナンバー

 ジョージ・ワシントンからドナルド・トランプまで、アメリカは45代の大統領を輩出している。その中でもっとも評価されている大統領のひとりがエイブラハム・リンカーンだ。

 リンカーンはアメリカ分裂という史上最大の危機に直面し、史上最悪の戦争を戦わなければならなかった。しかしその局面で世界に確固たる威容を示し、アメリカのあるべき姿を見せつけた。20世紀の覇権国家アメリカの礎は、このときリンカーンによって築かれたと言っても過言ではない。

 そのリンカーンが死守しようとしたのが「人民の、人民による、人民のための政治 “government of the people, by the people, for the people”」だ。今回はこの言葉の真意を、リンカーンの偉業とともに紐解いていこう。

 

農民から大統領へ!リンカーンのアメリカン・ドリーム

 1809年、リンカーンはケンタッキー州の森の丸太小屋で、父トーマスと母ナンシーのもとに生まれた。父は開拓民だったが生活は厳しく、よりよい土地を求めて転々とする日々を送っていた。両親は字を書くこともできなかったが、敬虔なキリスト教徒で、道徳的に厳しくしつけられたという。少年時代、ほとんど学校に通うことはなかったが、読書が好きで多くの知識を独学で身につけた。

 農家の生活に限界を感じたリンカーンは22歳で親元を離れ、イリノイ州に拠点を移す。いくつかの職を経て友人と雑貨商を立ち上げるが、まもなく倒産。1832年にはじめて州の議員選挙に立候補するが、こちらも落選。そしてまた職を転々とするなど、落ち着きのない生活を送っていた。

 1834年、州議員選挙にて初当選を果たす。36年には独学で弁護士資格を取得し、やがて法律事務所を立ち上げた。46年にはホイッグ党から出馬して下院議員に選出され、ついに国政に進出する。

 この頃、アメリカはメキシコ侵略を進め、メキシコの半分を支配下に置いていた(米墨戦争)。リンカーンはこうした侵略行為を厳しく非難し、南部と西部で広がりつつあった奴隷制にも反対した。しかし、リンカーンのこうした政策は大衆の支持を得られず失脚してしまう。

 1852年に奴隷の悲惨な生活を描いたストウ夫人の『アンクル・トムの小屋』がベストセラーになると、アメリカを二分する大論争が巻き起こる。奴隷制反対の動きが活発化する一方で、黒人はアメリカの国民ではないと結論づける最高裁判決(ドレッド・スコット判決)が成立するなど奴隷制を擁護する動きも加速した。

 アメリカ分裂の危機を前に、リンカーンは1856年に共和党入りし、奴隷制反対・国家統一の論陣を張り、注目を浴びる。58年に民主党のスティーブン・ダグラスとの間で繰り広げられた7回にわたる討論会は全米の注目を浴び、その名を広めた。

 1861年3月、ついに第16代大統領に就任するが、これに反発した南部諸州はアメリカ連合国の独立を宣言。南北戦争が勃発すると、リンカーンは最高司令官として北軍の指揮を執った。

 1863年1月1日、奴隷解放宣言が発効。解放された奴隷を中心に黒人部隊を組織して反攻を進め、63年7月には北軍のグラント将軍が南軍のリー将軍を破って形成の逆転に成功する。同月のゲティスバーグ演説で自由・平等・民主主義というアメリカの精神を確認し、その堅守を誓った。

 1864年11月、圧倒的支持のもとで大統領に再選。翌年4月9日にリー将軍が降伏して事実上、南北戦争に勝利した。しかし、そのわずか5日後の14日、ワシントンで観劇中に狙撃され、56年の生涯を閉じた。

 

南北対立の原因と南部「独立」のロジック

 南北戦争は独立後、アメリカ本土で起こった唯一の戦争であり、最大の犠牲者を出した戦争だ。同じ国を作り上げてきた者同士でどうしてこのような凄惨な戦争が勃発したのだろう?… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

長谷川 大

長谷川 大

世界遺産&旅行ライター

横浜国立大学卒業後、出版社勤務。三国志・戦国時代・幕末・ギリシア神話など、歴史ものを中心に編集・ライティングを行う。世界一周の旅を経てフリーの編集者・ライターとして活動中。これまでの訪問国数は68か国、世界遺産は182か所。All About「世界遺産」公式ガイド。http://allabout.co.jp/gm/gt/563/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter