成長を左右する最も大切なたった一つの考え方(第2回)

天才マッケンローを悩ませた「硬直マインドセット」

2016.03.22 Tue連載バックナンバー

 なぜ、同じ業務をこなしても、成長できる人とできない人がいるのか? そして、両者を分ける「マインドセット」(思考態度)とは何か?

 スタンフォード大学心理学教授のキャロル・S・ドゥエックによる書籍『マインドセット「やればできる!」の研究』(草思社)を元に、成功する/しない人の違いを知る本連載。第1回目では、成長できる人間か否かの違いは、自分の能力は固定的で変わらないと信じる「硬直マインドセット」の持ち主か、人間の基本的資質は努力しだいで伸ばすことができると信じる「しなやかマインドセット」の持ち主かの違いにあることを説明した。

 今回は、テニス界のトップアスリートの事例から、この2つのマインドセットの違いについて理解を深めていく。

 

硬直マインドセットの持ち主で成功者がいるのはなぜか

 人間は、さまざまな要素を併せ持つ生き物である。そのため、完全な「硬直マインドセット」の人がいるわけでも、完全な「しなやかマインドセット」の人がいるわけでもない。ほとんどの人が、両方のマインドセットを併せて持っている。

 たとえば、硬直マインドセットの持ち主には、 “自分ができる人間であることをひけらかす”、“努力を嫌う”といった特徴があるが、一方で仕事熱心だったり、チャレンジ精神が旺盛だったり、実際に出世し成功している人もたくさんいる。これは、硬直マインドセットの人の中に、「自らの目標達成に必要ならば、努力はいとわない」が「それ以外の硬直マインドセットの特徴を持ち合わせている」場合があるからだ。

 本書では、硬直マインドセットを持ったトップアスリートとして、往年の名テニスプレイヤー、ジョン・マッケンローが紹介されている。

 マッケンローは1976~1992年にプロとして活躍したが、中でも1984年シーズンの活躍は特筆すべきものがある。全14大会に出場して、うち12大会で優勝。年間勝率96.5%という、驚異的な記録を残している。この勝率は、2005年のロジャー・フェデラー(95.3%)や、2015年のノバク・ジョコビッチ(93.2%)をも凌ぐ、現在も破られていない歴代1位の記録である。マッケンローは、人気・実力とも申し分のない、“天才”と称された偉大なプレイヤーであった。

 しかし、生まれつきの才能に恵まれたアスリートは、いつも才能を褒められることで、苦労や努力をする必要がない。そのため、マインドセットが硬直した人間になりやすいのだという。

 

天才マッケンローも、自身の硬直マインドセットには苦戦した

 天才の名を欲しいままにしたマッケンローであったが、審判に暴言を発する言動が頻繁にあったことから“悪童マッケンロー”とも呼ばれていた。実はマッケンロー自身、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

峯 英一郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

峯 英一郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

ライター・キャリア&ITコンサルタント

IT企業から独立後、キャリア開発のセミナーやコンサルティング、さまざまな分野・ポジションで活躍するビジネス・パーソンや企業を取材・執筆するなどメディア制作を行なう。IT分野のコンサルティングや執筆にも注力している。
https://www.facebook.com/mineeii

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter