今日から使える!3つの改革で変える効率的仕事術(第21回)

「ある日突然、部下が辞めてしまう」のを防ぐ方法

2016.12.01 Thu連載バックナンバー

 期待していた部下が、突然、退職の意向を伝えてきた……管理職であれば、このような経験をした人は少なくないでしょう。残念なのはもちろんですが、プロジェクトの進捗や他のメンバーへの負担が増え、チーム全体の仕事のクオリティにも悪影響が出かねません。

 上司として、部下の突然の離職を未然に防ぐためには、どんなことができるのでしょうか。

 

なぜ若手社員は会社を離れるか?その理由を探る

 厚生労働省が平成25年に行った「若年者雇用実態調査」には、若年正社員(15~34歳)が「どのような理由で転職を希望するのか」を調査した結果が掲載されています。

【転職しようと思う理由(複数回答可)】
1位:賃金の条件がよい会社にかわりたい(44.6%)
2位:労働時間などの条件がよい会社にかわりたい(40.6%)
3位:自分の技能・能力が活かせる会社にかわりたい(36.7%)
4位:仕事が自分に合った会社にかわりたい(36.3%)
(中略)
7位:人間関係のよい会社にかわりたい(23.3%)

 賃金や労働条件など、部門や部署では改善しにくい理由が上位を占めています。しかし、同調査における「初めて勤務した会社」に限った離職理由に関する問いでは、回答の上位は少し異なっています。

【初めて勤務した会社をやめた主な理由(複数回答3つまで)】
1位:労働時間などの条件がよくなかった(22.2%)
2位:… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

「ある日突然、部下が辞めてしまう」のを防ぐ方法
横山 研太郎

横山 研太郎

ねこのてFP事務所 代表

富士通株式会社退職後、メーカーの経営サポート等を行う。現在は、ファイナンシャル・プランナーとして、資産運用を柱としたアドバイスをするだけでなく、学生への金融教育にも取り組んでいる

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter