最高の価値を提供するために(第2回)

セブンイレブンがバイトを即戦力にできる理由

2015.11.20 Fri連載バックナンバー

 どのような業種であっても、自主的に価値ある仕事をこなしてくれる人材は必要不可欠です。しかし、店長以外がアルバイトのみで構成されている店舗などでは、指示をしたことだけに取り組む環境になっているケースも少なくありません。

 そんな中、大手コンビニエンスストアのセブン-イレブンでは、高校生のアルバイトでさえ、経営的な視点を持ち自主的に考えて業務に取り組んでいるといいます。アルバイトがこのように自主的に働く理由は、セブン-イレブンが語る経営学によるものが大きいようです。

 そんなセブン-イレブンの創業者であり、セブン&アイ・ホールディングスの代表取締役会長・CEOである鈴木敏文氏の貫き通している経営学が、「セブン-イレブンの16歳からの経営学」に記されています。

 現在はコンビニ最大手であるセブン-イレブンは、どのようにしてアルバイトを即戦力として育成し、成長してきたのでしょうか。今回は、本書の内容を抜粋してご紹介したいと思います。

 

アルバイトが即戦力になる理由とは

 店舗運営において、アルバイトの働きは非常に重要です。社員から指示されたことだけをしていても、アルバイト側は面白くありません。人材ひとりひとりがやる気に満ち溢れ、自発的に仕事をこなしている店舗ほど、顧客の回転率と満足度は高くなっていきます。

 本書によればセブン-イレブンのアルバイトは高校生であっても、始めて3カ月もすれば経営的な視点を持ち、自発的に創造的な仕事をするようになるそうです。これは、セブン-イレブンがアルバイトにも責任のある「仕事」を任せているからだと考えられます。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

鮎川 大

鮎川 大

フリーライター

関西で活動する営業出身のフリーライター兼ディレクター。ビジネス系のコンテンツを中心に、医療・ファッション・食品・HPのトップページなど幅広い分野に精通。またサイトの運営・管理から外注のディレクションまで一貫して請け負い、コミュニケーションを重視するのが特徴。http://writer-d.com/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter