結論から読み解く「嫌われる勇気」(第3回)

「嫌な上司がいるから仕事ができない」は本当か?

2015.10.19 Mon連載バックナンバー

 哲学者アドラーの思想が記された『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社刊、岸見一郎、古賀史健著)には、「全く話が通じないうえに、すぐ怒鳴りつけてくる上司」の話が登場する。

 「話が通じない」「怒鳴る」。部下からすると、仕事の邪魔にしかならない“目の上のたんこぶ”のような上司。しかしアドラーは、実はこの典型的ともいえる“嫌な上司”を必要としているのは、ほかならぬ自分自身であるという。更に、こうした上司の下でも、自分の考え方を転換できれば、「仕事ができ、幸せになれる」と説いている。社員が皆そうなれば、会社も自ずと前向きな組織に変わっていくことができるのだ。その方法を理解するために、まずは、「嫌な上司」の本質から読み解いていこう。

 

どこにでもいる「理不尽な上司」

「ベンチがアホやから野球がでけへん」

 これは”エモやん”の愛称で親しまれる野球解説者、江本孟紀氏による名ゼリフ。現役時代、自らを降板させた当時の阪神タイガースの首脳陣に対する怒りの言葉で、江本氏はこの発言により引退へ追い込まれた。

 事の真相や発言の良し悪しはさておき、「上司が○○だから仕事ができない」と感じたことのある人は、エモやんに限らず、大勢いるだろう。大抵、上司というものは、自分の言いたい事は言うが、こちらの言い分には中々耳を傾けてくれない。

 『嫌われる勇気』にも、「全く話が通じないうえに、すぐ怒鳴りつけてくる上司」が登場する。青年が語る、次のような上司だ。

 事あるごとに怒鳴りつけてくる。どれだけがんばっても認めてくれず、話さえまともに聞いてくれない。上司は明らかに理不尽な理由で、私を嫌っている。

 青年のように、「わたしの上司が、まさにそんな上司です。だから仕事ができないんです」と思った人もいれば、「そんな上司じゃ、仕事どころじゃなくなるよ。うちは、まだマシでよかった」と胸を撫で下ろしている人もいるかもしれない。

 しかしアドラーは、仕事ができない原因は「嫌な上司」ではないと言い切る。

 本書で取上げられている別の例から、その理由を説明しよう。

 

「赤面症が治ったら告白する」は、フラれないための口実?

 その例とは、「赤面症」の悩みを抱く女学生だ。彼女には、まだ気持ちを打ち明けていない、思いを寄せる男性がいる。「赤面症」が治ったら告白して付き合いたいそうだ。

 しかし、アドラーはこれを明確に否定する。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

峯 英一郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

峯 英一郎/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

ライター・キャリア&ITコンサルタント

IT企業から独立後、キャリア開発のセミナーやコンサルティング、さまざまな分野・ポジションで活躍するビジネス・パーソンや企業を取材・執筆するなどメディア制作を行なう。IT分野のコンサルティングや執筆にも注力している。
https://www.facebook.com/mineeii

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter