ビジネスの現場で使えるトーク・テクニック(第5回)

英語で届いた仕事のメール、どう返信すれば良い?

2015.10.07 Wed連載バックナンバー

 最近は自社のウェブサイトにおいて、日本語だけでなく複数言語に対応する企業が増えています。その情報を見た海外の企業から、業務提携を持ちかける話や大口取引の引き合いなどがメールでいきなり来ることも、今や珍しくありません。

 しかし、英語でメールを受け取って、内容はある程度理解できても、何と書いて返して良いか迷ってしまうことも。そこで、ケース別に返信メールの文例をご紹介します。

 

ケース1. 詳しい話を聞くために一度会ってみたい場合

 先方が「今度東京に行く予定なので滞在期間中に面会したい」と問い合わせてきたとします。こちらにとってもビジネスチャンスとなる可能性が高いので、「ぜひ応じたい」という場合の返信文の例です。

Thank you very much for your interest in our company.
We are also interested in your business and would like to meet you while you are in Tokyo. Can we set up a meeting for Thursday, October 29 at 2 p.m., at our office?
We are looking forward to your favorable reply.

(日本語訳)
弊社に興味をお持ち頂きありがとうございます。
弊社としましても御社のビジネスに興味があり、東京にいらっしゃる間にぜひお会いできればと思います。
10月29日木曜日午後2時に弊社にてミーティングというのはいかがでしょうか?
よいお返事をお待ちしております。

 直接会うのが難しくても、最近はGoogle+ハングアウトスカイプチャットワークなどを利用してネット経由でのミーティングも可能です。その場合は、上記2行目と3行目を以下に差し替えます。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

石橋 雪江/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

石橋 雪江/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

ライター、編集者、翻訳者、通訳

横浜国立大卒。システムエンジニアとして日系、米系企業に9年間勤務し、IT系通訳・翻訳を経て2006年より編集兼コーディネーターとしてシンガポールのビジネス向け日本語情報誌『AsiaX』を発行するメディアジャパンに勤務。2013年5月に日本に帰国し、同社の業務の一部を引き続き請けながら、フリーランスのライター、編集者、翻訳者、通訳などとして活動。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter