ビジネスの現場で使えるトーク・テクニック(第4回)

英語でどう言う?外国人スタッフへの指示の伝え方

2015.09.24 Thu連載バックナンバー

 上司として外国人スタッフに英語で仕事の指示をどう出せばよいか、慣れないうちはやはり悩むものです。命令形で不躾な言い方になるのはやはり避けたいものですが、かといって丁寧過ぎるのも考えもの。

 そこで今回は、「クライアントからの急な依頼で提案書を出すことになり、割り込み作業の指示を出す」という場合を例に、指示を出す時のポイントと覚えておくと便利な英語フレーズをご紹介します。

 

1. 割り込み作業を指示する前に、まず現状確認

“Bob, which task are you working on now?”
(ボブ、今作業しているのはどのタスク?)

 予定外のことが起きてやむを得ず部下に割り込み作業を指示しなければならない場合、指示を伝える前に、まずは現状確認が必要です。どの作業をしているかがわかっている場合は、”Are you still working on task A?”(今まだタスクAの作業を続けている?)などでも良いでしょう。

 

2. 割り込み作業が入る背景を説明

“We got an urgent request from the client and need to submit our proposal by Tuesday next week.”… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

石橋 雪江/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

石橋 雪江/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

ライター、編集者、翻訳者、通訳

横浜国立大卒。システムエンジニアとして日系、米系企業に9年間勤務し、IT系通訳・翻訳を経て2006年より編集兼コーディネーターとしてシンガポールのビジネス向け日本語情報誌『AsiaX』を発行するメディアジャパンに勤務。2013年5月に日本に帰国し、同社の業務の一部を引き続き請けながら、フリーランスのライター、編集者、翻訳者、通訳などとして活動。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter