成功者の生き方から学ぶ人生のヒント(第9回)

山田満知子~空前の『伊藤みどり狂騒曲』の渦中に

2015.02.23 Mon連載バックナンバー

 ビジネスパーソンとして企業に在籍していると、たまたま自分が担当している時に大きな出来事が発生し、自分の思惑とは関係なく出来事の中心に押し出されてしまうことがあります。その道の専門家でないにもかかわらず、その時の会社での立場上、逃げられなくなってしまうこともあります。

 フィギュアスケートファンにお馴染みの山田満知子コーチも、そのような境遇を経験している人です。自分がコーチをしているスケートクラブに伊藤みどりさんが入会したことで、子供たちに教えていた“スケートの先生”は世界のフィギュアスケート界の中心へと押し出されていきました。

 今回は、ビジネス人生においては望むと望まざるとにかかわらず、大きな出来事に巻き込まれてしまうことがあること、そして大きな出来事に巻き込まれた時にはどのように対処すれば良いのかについてお話ししたいと思います。

 

無名のコーチに日本の宝を預けられないという声

 日本のフィギュアスケート界で名コーチのひとりに挙げられる山田満知子コーチ。伊藤みどり、浅田真央の2人の世界的なフィギュアスケーターをはじめ、小岩井久美子、恩田美栄、中野友加里などの有力選手を育てたことで知られ、現在は村上佳菜子宇野昌磨の両選手が世界を舞台に活躍しています。

 名古屋市出身の山田コーチは大学に入学したところで現役を引退しました。その後、所属していたクラブからコーチの誘いがあり子供たちにスケートを教えるようになります。ご本人も述べていますが、元々は選手強化型のコーチではなく、スケートのすそ野を広げる普及型のコーチでした。そして子供たちの中にいたのが伊藤みどりさんです。

 みどりさんのことが東京に知られるようになると、日本スケート連盟が山田コーチに色々と注文を付けてくるようになります。今でこそ日本のフィギュアスケートの中心と言えば名古屋と仙台ですが、当時、有力選手は東京のコーチが指導するのが常識でした。

 山田コーチは年上の有力コーチから嫉妬の感情を抱かれるようになります。現役時代にそれほどの実績もなく有力選手のコーチ経験もない彼女に対して、「あの子に何ができるの?」という陰口が聞こえてきたそうです。また、米国の有名コーチの元へ、みどりさんを留学させる計画が山田コーチの知らない間に進められたとも聞きます。

 米国行きの話しが出た時に、山田コーチはみどりさんに米国に行くかどうかを確かめたそうです。その時のみどりさんからの返事は「行きたくないです」というものでした。そして、みどりさんは山田コーチの元で世界を目指すことになりました。

 

巻き起こった『伊藤みどり狂騒曲』

 ジュニアの頃から注目されていた伊藤みどりさんは、1988年のカルガリー五輪のフリー演技で5種類の3回転ジャンプを成功させ5位入賞を果たします。そして、この活躍によって日本中が4年後のアルベールビル五輪での金メダルを期待するようになりました。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

増田明美~テレビ中継で有名監督に異を唱えた正義感
南 武志

南 武志

フリーランサー

広告代理店、PR会社での勤務を経て、広告業界専業のヘッドハンターとして9年間活動。20代から50代までの数多くの転職希望者と本音で語り合った経験を元に、若き組織人への提言をまとめる。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter