成功者の生き方から学ぶ人生のヒント(第6回)

川崎宗則~今年もトロントで『笑う門には福来る』

2015.01.19 Mon連載バックナンバー

 『笑う門には福来る』。これは私たちがよく知っている格言のひとつです。私たちは子供の頃から笑顔の大切さを教わってきました。

 メジャーリーグ(MLB)のトロント・ブルージェイズと再契約した川崎宗則選手は、地元トロントでは絶大な人気だと聞きます。その理由はなんと言っても明るいキャラクターです。You Tubeに彼の動画が数多くアップされていますが、プレーの動画よりもMLB関連番組への出演VTRの方が多いくらいです。

 現地のテレビ局とのインタビューでは、川崎選手のキャラクターに番組司会者が腹を抱えて笑っているシーンが良く見られます。彼を見ていると『笑う門には福来る』という格言はその通りだと思えてきます。今回はムネリンこと川崎宗則選手を例に挙げて、笑顔のもたらす効用についてお話ししていきましょう。

 

底抜けの明るさに誠実さが備わる川崎選手

 川崎宗則選手は鹿児島県出身の33歳。地元の鹿児島工業高校から1999年のドラフトで福岡ダイエーホークス(当時)に4位指名され入団。4年目の2003年から出場機会が増え、盗塁王1回、最多安打1回、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞2回という輝かしい実績を残しました。また、2006年と2009年のWBCでは日本代表に選出されています。

 2011年のオフに海外FA権を行使しシアトル・マリナーズにマイナー契約で入団。FAでメジャーリーグに挑戦する選手の多くが複数の球団と交渉するのに対して、川崎選手は最初からイチロー選手がプレーするマリナーズに絞って交渉を進めたことが話題になりました。

 メジャーでの2年目と3年目はトロント・ブルージェイズとマイナー契約を交わし、1軍選手の離脱があった時にチームに呼ばれるという形態でプレーしました。通訳を付けずに片言の英語で自らチームに溶け込んでいく姿は、多くのファンに感銘を与えています。そして、マイナー契約ながら2015年シーズンもブルージェイズから必要とされました。

 持ち前の明るさで地元トロントのファンから絶大な支持を得ている川崎選手ですが、彼が支持を得ているのは、野球に対して誠実であることも理由のひとつでしょう。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

増田明美~テレビ中継で有名監督に異を唱えた正義感
南 武志

南 武志

フリーランサー

広告代理店、PR会社での勤務を経て、広告業界専業のヘッドハンターとして9年間活動。20代から50代までの数多くの転職希望者と本音で語り合った経験を元に、若き組織人への提言をまとめる。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter