自分のリーダーシップスタイルを知っていますか?(第1回)

リーダーシップの源泉、「パーソナリティ」の重要性

2014.08.13 Wed連載バックナンバー

 皆さん、こんにちは。富士ゼロックス総合教育研究所でお客さまのリーダー育成や組織変革のご支援をしています山本実と申します。今回から2回シリーズで、自分のパーソナリティからリーダーシップスタイルを探るアプローチについて考えます。

 昨今、国境を越えて地球上、どこでも誰とでも成果を出せるリーダーの採用や育成が求められる中、グローバル基準との比較で、個人の適性や行動特性を客観的に捉える必要性が増してきています。個人においても今まで接したことのないような多様な価値観やノウハウ、経験を持った人と協働しながら成果を出していく機会が増えてきており、改めて自分自身を見つめ直し、コアとなる自分の強みや大事にしている価値観を認識することが以前にも増して求められてきているように思います。

 ここでは、なぜ自分はリーダーとしてその行動をとるのか、その行動の背景にあるパーソナリティに着目して、自己理解を深めるテストHOGAN ASSESSMENT(ホーガン・アセスメント)の考え方をご紹介します。

 先が見えない不確実性の時代だからこそ求められる、ゆるぎない自分の「パーソナリティ」をどのような方法で捉えたら良いのか、これからのご自身のリーダーシップスタイルを考える際の一助になれば幸いです。

 

リーダーシップ強化のための自己理解テスト

 皆さんはどんなときにどのような方法で自己分析をしますか?

 自己分析の目的は人によってそれぞれだと思います。就活、転職、異動といったキャリア開発から職場でのリーダーシップの発揮、自己啓発、婚活にいたるまで、ライフステージによって、目的は変わりますが、どんな目的であっても自分のことを客観的に把握して損することはありません。

 また世の中には自己分析ツールが数多く存在します。それぞれ背景にある理論やモデルは異なり、Web上で回答できるものから、専門家による結果の解説が必要なものまで、手法も各種あります。分析結果がしっくりくる、こないというテストとの相性によって、評価や好みがはっきり分かれるのも自己分析ツールの特徴だと思います。

 今回ご紹介するHOGAN ASSESSMENTは、米国ホーガンアセスメントシステムズ社(以下、ホーガン社)がリーダーシップ強化に向けて開発した自己理解テストです。なぜパーソナリティが重要か、パーソナリティをどのように捉えて自己分析をするのか、その概要をご紹介します。

 

なぜパーソナリティを重視するのか

 HOGAN ASSESSMENTでは、リーダーがとる行動の背景にあるパーソナリティに着目します。

 たとえば、上位ポジションや権力にそれほど関心がなかったり、論理的にものごとをとらえるのが苦手だったり、人とコミュニケーションをとるよりは、自己完結してできる仕事を好む人が、リーダーとなってメンバーを率いた場合、どうなるでしょうか。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

山本 実

山本 実

株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 研究開発コンサルティング部 開発グループ

IT系シンクタンクでの業務改革コンサルティングを経て、2001年より、富士ゼロックス総合教育研究所にて、人材開発のコンサルティングを中心に、人材育成やキャリア開発の仕組み作り、その運用・定着支援に従事。また、戦略の実行力を高める組織開発プログラムや、グローバルパートナー(米国)のリーダーシッププログラムを開発。現在、ファシリテータをしながら変革リーダーの育成ソリューションの展開を推進している。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter