旬の資格を取得して明るい将来を手に入れる!(第4回)

FP技能士-お金の知識を磨いて豊かな人生を

2014.03.30 Sun連載バックナンバー

 「一生涯に必要なお金は、どのくらいですか?」と聞かれて、すぐに答えられる人は多くありません。また答え自体が「どんな人生を送りたいか?」によって違い、正解はひとつではありません。人生に必要なお金は、貯蓄をする以外にも、保険やローン、公的な制度などを活用して、用意していくことが望ましいです。

 

ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

 ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は、人々が「こんな人生を送りたい」と思い描く漠然とした夢を、具体的な計画(ライフプラン)の形にし、ライフプランを実行するための資金計画を相談者と共に考えるということです。

 お金に関する不安を持つ人には、サラリーマン、自営業者、フリーランスなど様々な立場の人がいます。また「不安」の形もさまざまです。「教育資金がどのくらい必要か分からない」「病気になった場合、金銭的にどのような備えをしておけばいい?」「マイホームを手に入れるには、どのくらいお金が必要?」などの相談に乗るために、FPが身に着けるべき知識は幅広いものです。

 ファイナンシャルプランナー(FP)の資格には、

・国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能検定(1級~3級)」
日本FP協会が認定する「AFP(普通資格)」「CFP®(上級資格)」があります。

 この中で、3級ファイナンシャル・プランニング技能士資格は受験資格に制限がなく、誰でも受験可能です(筆者も取得しています)。2級以上は、一定の受験資格を満たした人が受験できます。

 

受験仲間を作ることの意味

 FP資格は、学習内容だけを考えれば、独学で取得することはできます。私も独学で3級資格を取得しました。

 ただし、「取得後、FP資格を仕事に活かしていきたい」という考えがあるなら、「FP仲間を作る」ことが大切です。なぜなら、FPが相談を受ける内容は非常に幅が広く、場合によっては宅地建物取引主任者、行政書士、司法書士、税理士、弁護士など他の資格が必要な業務もあり、それらをすべて1人でカバーするのが難しいため、資格を持つ人と提携する必要が出てくるからです。そのため、受験仲間を作って、共に合格を目指し、合格後にも共に活動していくことができれば、理想的です。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

河野 富有/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

河野 富有/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

フリーランスライター

大阪市立大学大学院理学研究科修了(学位:修士(理学))。2014年10月現在、放送大学選科履修生。危険物取扱者、医療情報技師、メンタルヘルスマネジメント検定(II種)をはじめ10以上の資格を保有。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter