サポート終了目前!XPをギリギリまで使い倒す方法(第4回)

XPをスタンドアロンで使ってみる

2014.02.24 Mon連載バックナンバー

 サポート終了目前のWindows XP。まだ対応していないけれど、XPにすっかり慣れているし、使いやすいからこのままでいい、という方も多いでしょう。そこでこの際、ネット環境につながない、という利用法はどうでしょうか。

 

スタンドアロンで使うのは、現実的なのかどうか

 Windows XPのサポート終了がアナウンスされて以来、「それならスタンドアロンで使うか」という話題をよく耳にします。

 スタンドアロンを直訳すると、「孤立」です。つまり、他の機器と接続しないで、そのPC端末だけで使う、ということ。インターネットに接続せず、社内や家庭内LANなどローカルネットワークからも切断した状態。

 さらに、ネットワーク以外にも他のPCなどとメディアや機器を共有しないようにしなければなりません。例えばUSBメモリなどを使ってデータのやり取りなどもしないようにするということ。最近はプリンタにもSDカードが入っていたりするので接続は危険かもしれません。そしてXPパソコンには個人情報など他にわたっては困る情報は一切置かない、という配慮も必要でしょう。

 ウィルス等の脅威はインターネットやメモリカード経由でもたらされる場合が多いので、確かにそうすれば一定のセキュリティは保てそうな気がします。

 ただ、その状態でそもそも使い道はあるのか、という気もします。他の機器やメモリカードをつなぐのも難しいとなると、データのバックアップもどうするの? ということになってしまいます。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

関連キーワード

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

広告制作会社エコトバ 代表取締役

業界デビュー作がJ-WAVEのネーミング。以来コピーライターとして20年以上キャリアを積むが、最近はコピーライティングの知識を生かしたWEBサイトのコミュニケーションプランの提案に軸足を移しつつある。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter