サポート終了目前!XPをギリギリまで使い倒す方法(第3回)

XPシステム延長サービスを使ってみる

2014.02.17 Mon連載バックナンバー

 サポート終了目前のWindows XP。もう対応済の方は大丈夫ですが、主に予算の都合でまだXPの方(企業)も多いと思います。そこで今回は、IT企業が提供しているXPシステム延命サービスを比べてみます。

 

企業が迫られる難しい選択

 Windows XPを使い続けるかどうか。個人にとっては、まさに自己責任の世界。Windowsをやめるかどうかの選択も含め、それは自分の好みで決められることです。

 しかし、企業のシステムの場合はそうはいきません。台数が多くなれば、単純にOSと端末のリプレースコストがかさむことはもちろん、XPを前提に独自開発された業務アプリケーションを使っている場合、業務への影響が計り知れないからです。おそらく、OSのアップグレードをしたいのは山々で、ある程度のコストもかけられるとして、周辺の業務アプリケーションがどうなってしまうのかについて、難しい判断を迫られているというのが実情ではないでしょうか。

 昨年の調査でも、国内の法人向けPCの約4割、1,400万台以上のPCでXPを利用、とされています(「XP、サポート終了まで1年 企業の4割なお利用」日本経済新聞)。

 上記リンク先でも、XPでしか動作しないCADがあるため、しばらくは継続使用するだろうという企業の例が載っています。

 マイクロソフトとしては、中古PCでもよいので移行してほしいと考えているようですが、なかなか企業が重い腰をあげるまでには至っていないようです。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

関連キーワード

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

広告制作会社エコトバ 代表取締役

業界デビュー作がJ-WAVEのネーミング。以来コピーライターとして20年以上キャリアを積むが、最近はコピーライティングの知識を生かしたWEBサイトのコミュニケーションプランの提案に軸足を移しつつある。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter