サポート終了目前!XPをギリギリまで使い倒す方法(第2回)

サポートを延長するセキュリティソフトを使ってみる

2014.02.12 Wed連載バックナンバー

 サポート終了目前のWindows XP。もう対応済みの方は大丈夫ですが、主に予算の都合でまだXPの方(企業)も多いと思います。そこで今回は、XP対応延長セキュリティソフトを使ってしばし延命できるかも、というお話です。ただし自己責任でお願いします。

 

2014年4月9日以降、セキュリティソフトは、どうなるの?

 まず、朗報というべきか妥協の産物というべきか、本家本元のマイクロソフトが当初セキュリティ製品のサポートも終了するとしていたものを、2015年7月まで延長することを決めたようです。

・リンク先(英文)
Microsoft antimalware support for Windows XP – Microsoft Malware Protection Center – Site Home – TechNet Blogs

 これにより、企業ユーザに関してはWindows XP向けのSystem Center Endpoint Protection、Forefront Client Security、Forefront Endpoint ProtectionおよびWindows Intuneのアップデートが継続されます。個人ユーザに関してはMicrosoft Security Essentialsのアップデートが継続されます。

 Windows XPのサポートが終了することには変わりはないため、2014年4月8日をもってOSのセキュリティアップデートは提供されなくなります。ただし、セキュリティ製品のアップデートが継続されることにより、一定のセキュリティが継続されることとなるようです。ホッとしている方は多いのでは?

 Microsoft社にとって、サポート期限が切れるとはいえ、XPはいまだにOSのシェア2位に位置する一大ブランドです。セキュリティが原因でもしものことがあれば、法律的に問題はなくても企業イメージが悪くなる可能性もあるでしょう。このあたりは非常に大人の事情を感じます。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

関連キーワード

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

広告制作会社エコトバ 代表取締役

業界デビュー作がJ-WAVEのネーミング。以来コピーライターとして20年以上キャリアを積むが、最近はコピーライティングの知識を生かしたWEBサイトのコミュニケーションプランの提案に軸足を移しつつある。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter