サポート終了目前!XPをギリギリまで使い倒す方法(第1回)

とりあえずXP対応ブラウザを使ってみる

2014.02.04 Tue連載バックナンバー

 サポート終了目前のWindowsXP。もう対応済の方は大丈夫ですが、諸事情でまだXPの方も多いと思います。そこで今回は、利用するブラウザやソフトによってはもうちょっとXPを延命できるかも、というお話です。ただし自己責任でお願いします。

 

いよいよ迫るX(P)デー、2014年4月9日

 WindowsXPのサポート終了で、「セキュリティリスクの増大」や「サポート・管理コスト」の増大などが懸念されています。思えばすでにXPからVista、7、8と三世代もモデルチェンジしているのに、まだ使い続けられているなんて、逆に使い勝手の良さが際立つともいえます。2013年12月の調査でも、Windows7に次いでいまだにOSシェア第2位という報告もされています。

12月OSシェア – Windows XPのシェア30%以下へ | マイナビニュース

 実は僕もこれを執筆しているのは現役XP。テキストを打つだけならシンプルでとても使いやすいです。会社で事務系のPCとして使うならこれで十分というのは、実感としても分かります。

 単にOSをバージョンアップする、ということであれば問題ないと思うのですが、PCも古いために買い替えが必要になったり、周辺機器も同様であったり、当然ソフトなども更新が必要だったりと、なかなか「XPに最適化」したPCや環境を変えるのはハードルが高いですよね。インターネットバンキングなどを行っている人は、その設定を変える必要も出てきます。

 そこで、無駄な抵抗かもしれませんが、もう少し時間稼ぎをする方法はないものかと思案してみるシリーズなのです(汗)。もちろん、XP継続利用のオススメではありませんのでよろしくお願い致します。

 

ブラウザを見直すのもひとつの方法

 結局、セキュリティの問題とはインターネット接続の問題といっても過言ではありません。ウィルスなどの脅威はネットワークを通じてやってくるので、その窓口となるブラウザに頑張ってもらう、というある種他力本願の発想ではあるのですが……。

 そのブラウザですが、まずはGoogleのChromeが2015年4月までの対応を表明しています。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

関連キーワード

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

棕澤 和宏/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

広告制作会社エコトバ 代表取締役

業界デビュー作がJ-WAVEのネーミング。以来コピーライターとして20年以上キャリアを積むが、最近はコピーライティングの知識を生かしたWEBサイトのコミュニケーションプランの提案に軸足を移しつつある。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter