イノベーションのジレンマを乗り越えるためには(第3回)

大企業が起業志向のある従業員を採用する3つの方法

2017.06.26 Mon連載バックナンバー

 大企業が新規事業に力を入れる際、新しい部門をつくり、十分な予算を割り当て、社内の協力を得られる体制をつくったとしても、実際に新規事業を立ち上げていく起業家が社内にいなくては、絵に描いた餅に過ぎません。

 しかし、大企業の悩みは「社内で積極的に手を挙げる起業家がいない」あるいは「そういう社員がいてもすぐに転職・独立してしまう」ことであることが少なくありません。

 起業する仲間に出会えるベンチャー企業や、成功した結果イコール自分のものになる「独立」といった選択肢がある中で、大企業が起業家を集めるのは確かに容易ではないかもしれません。では、どうすれば大企業が起業家を集めることができるのでしょうか?

 起業家が活躍している大企業を分析すると、大きく3つの特徴が挙げられます。第一に、チャレンジが報われるという“当たり前”の環境があること、第二に、ベンチャー企業や独立では得られない大企業ならではの“後押し”があること、第三に、起業家が大企業の主役になることです。今回はこの3点を詳しく取り上げます。

 

【1】チャレンジを評価する“当たり前”の環境を整える

 起業家にとって起業のチャレンジが報われるのは“当たり前”です。しかし、大企業の場合、既存業務を犠牲にして新規事業に時間を割くことを許したり、成功した場合にこれまでと異なる尺度で人事評価を行うことは、既存業務に携わる大多数の社員の手前、難しいことです。たとえば、上司より大幅に高い報酬を得ることも問題となりそうです。

 ある大手広告・人材系企業では、全社的に… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

吉江 宣慶

吉江 宣慶

経営コンサルタント

外資系コンサルティングファームのプロジェクトマネージャーとして、大企業を中心としたビジネスモデルを変革する新規事業立ち上げのハンズオン支援、大企業×ベンチャーのコラボレーションを促進するM&A戦略の立案、デジタル業界などのニューエコノミーのビジネスデューディリジェンスを得意としている。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter